日本土地建物グループ 社会、人、環境、そして時代にやさしく
Press Release
2011年02月09日

『京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業(東京都中央区)』における「特定業務代行者」選定について

日本土地建物株式会社、東京建物株式会社、株式会社日建設計、清水建設株式会社の4社は、「京橋二丁目西地区再開発準備組合」が実施した「京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業 特定業務代行者選定募集」に応募し、特定業務代行者(共同企業体代表企業:日本土地建物株式会社)として選定されました。


日本土地建物株式会社、東京建物株式会社、株式会社日建設計、清水建設株式会社は、「京橋の歴史と調和した新しいまちづくり」をコンセプトに、新たなランドマークに相応しい景観とここにしかないダイナミックな都市空間の創造を提案し、「京橋二丁目西地区再開発準備組合」より事業パートナーとして選定いただきました。
京橋二丁目西地区(地下鉄銀座線京橋駅に隣接する約1ヘクタールの区域)では、同準備組合が主体となり、都市再生特別地区を活用し、中央区指定の有形文化財である明治屋京橋ビルを保存しながら複合ビルを建設する市街地再開発事業を推進中です。
今後、同準備組合の事業推進を支援するとともに、施設建築物等の設計・監理、工事(明治屋京橋ビルの耐震化含む)、保留床の取得・処分に係る業務において、共同企業体の専門的な知識、豊富な経験・ノウハウ等を結集し、京橋地区の新たなまちづくりに寄与するよう取り組んでまいります。

以上


参考資料

【計画概要】
名称 京橋二丁目西地区第一種市街地再開発事業
所在地 東京都中央区京橋二丁目2、3番地他
区域面積 約1.0㏊
延床面積 約118,140m2
階数 地下3階、地上32階
構  造 SRC造(一部 RC造、S造)
主要用途 事務所、店舗、公共公益施設
施行者 (仮称)京橋二丁目西地区市街地再開発組合
(現在は京橋二丁目西地区再開発準備組合)
特定業務代行者 日本土地建物株式会社、東京建物株式会社、株式会社日建設計、清水建設株式会社
本組合設立 平成23年度(予定)


【特定業務代行者とは】
市街地再開発事業において、保留床(権利者が権利変換によって取得した床以外の部分)の処分について責任を持つことを条件に、建築等の工事施工を含む業務を代行する民間事業者。

【外観イメージ】



【地図】
Copyright NIPPON TOCHI-TATEMONO Co.,Ltd.All rights reserved