日本土地建物グループ 社会、人、環境、そして時代にやさしく
Press Release
2007年07月25日

日本土地建物株式会社 第66期中間決算について

決算概要

日本土地建物株式会社 第66期(H19年10月期)中間決算(H18.11.1~H19.4.30)について、次の通りご報告致します。


第66期中間決算は、土地建物賃貸事業において、前期竣工ビルの通期稼動が収益に貢献したこと、匿名組合の新規連結子会社化等から、営業収益(連結)は増収となり、前年比13.2パーセント増の20,332百万円となりました。一方、開発用地等の取得が順調に進んだことから、販売費及び一般管理費等が増加し、経常利益(連結)は、前期を若干下回る5,460百万円に留まりました。


【決算(単体)概要】
(単位百万円)
平成18年10月期
中間実績
平成19年10月期
中間実績
前期比 増減
営業収益 15,568 15,374 ▲194
経常利益 3,329 2,967 ▲362
当期純利益 1,723 1,585 ▲138

*[通期(単体)予想] 営業収益:519億円 (前期348億円)、 経常利益:73億円 (前期62億円)


【決算(連結)概要】
(単位百万円)
平成18年10月期
中間実績
平成19年10月期
中間実績
前期比 増減
営業収益 17,959 20,332 2,373
経常利益 5,501 5,460 ▲41
当期純利益 3,557 3,492 ▲65

以上
Copyright NIPPON TOCHI-TATEMONO Co.,Ltd.All rights reserved