日本土地建物グループ 社会、人、環境、そして時代にやさしく
Press Release
2007年02月21日

「日土地堺筋ビル」の起工について

日本土地建物(株)は、2007年2月22日、大阪市中央区淡路町(堺筋沿い)にて「日土地堺筋ビル」を起工致します。
本物件は、基準階の専有面積が237坪の無柱空間となっており、弊社が関西エリアに所有する物件の中でも、「日土地淀屋橋ビル(大阪市中央区北浜)」に次ぐ規模の基幹ビルに位置づけられます。

* 起工;平成19年2月22日 / 竣工;平成20年8月末(予定)


今回の「日土地堺筋ビル」は、基準階の専有部分を約19m×37mの無柱空間とし、オフィスとしての使いやすさを追求した、地上11階地下1階建てのオフィスビル(延床面積:3,400坪、基準階専有面積:237坪)で、弊社が関西エリアに所有する物件のなかでは「日土地淀屋橋ビル」に次ぐ規模の基幹ビルに位置づけられます。当ビルが面する「堺筋」は、かつて大阪のビジネスの中心地として栄え、現在では好調なオフィス市況を受けてビル開発が進み、御堂筋や四ツ橋筋に次ぐ大阪のビジネス拠点として注目を集める通りです。弊社でも、日土地堺筋ビルの建設を通じて、そこに働き、集う人々による新たな人の流れで賑わいを創出し、堺筋と近隣地域の更なる活性化に貢献していきたいと考えております。
日本土地建物㈱では、関西エリアにおける都市開発事業の更なる強化・拡大を展望し、平成19年1月26日付で関西支社内に都市開発部を新設し、同部と本社都市開発事業本部が協同して昨今の関西エリアにおける大型開発プロジェクトの増加に対応しております。
本プロジェクトのほか、本年4月に竣工予定の「日土地天満ビル(大阪市北区天満)」及び8月に竣工予定の「日土地堂島ビル(大阪市北区堂島浜)」とともに、今後とも関西エリアにおける快適なビジネス空間の創造に努めてまいります。



計画概要

【計画地】
所在 大阪市中央区淡路町一丁目7-10他
敷地面積 1,370.22 m2(414.49坪)
用途地域 商業地域(建蔽率80%、容積率800%)

【計画建物】
構造 SRC造(一部S造)
規模 地上11階 地下1階 塔屋2階
用途 事務所・店舗・駐車場
延床面積 11,221.48 m2(3,394.49坪)

【事業体制】
事業主 日本土地建物株式会社
設計監理 日土地綜合設計株式会社
施工 清水建設、竹中工務店、日土地建設 共同企業体

完成予想パース・位置図

〔外観〕



〔位置図〕




以上
Copyright NIPPON TOCHI-TATEMONO Co.,Ltd.All rights reserved