日本土地建物グループ 社会、人、環境、そして時代にやさしく
Press Release
2006年09月28日

千代田線「新御茶ノ水駅」直結ビル取得について

日本土地建物株式会社は、2006年9月、千代田区神田駿河台3丁目の「新御茶ノ水アーバントリニティビル」をファンド用物件として、入札により取得いたしました。
当社は、ファンド事業を拡大・推進していく方針で、今後も積極的にオフィスビルを中心に購入してまいります。


概要

「新御茶ノ水アーバントリニティビル」は、地下鉄千代田線「新御茶ノ水駅」に直結した交通至便な複合ビルで、店舗・事務所・共同住宅からなっております。SRC造地下2階地上12階建、延床面積6,713.62 m 2 で、2002年に大成建設により施工された優良ビルです。

本物件に関しましては、一旦自社B/Sで購入し保有期間中にNOI向上によるバリューアップを図ったうえで、ファンドに組み入れる予定です。

【物件概要】
名  称 新御茶ノ水アーバントリニティビル
所  在 千代田区神田駿河台3丁目2
東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」直結
敷地面積 954.13 m 2
延床面積 6,713.62 m 2
買  主 日本土地建物株式会社
売  主 トーア再保険株式会社
竣  工 2002年11月
取引時期 2006年9月
構  造 SRC造12/2
規  模 地下2階 地上12階
用  途 店舗・事務所・共同住宅
主なテナント コニカミノルタグラフィックイメージング


外観写真

image
以上
Copyright NIPPON TOCHI-TATEMONO Co.,Ltd.All rights reserved