日本土地建物グループ 社会、人、環境、そして時代にやさしく
Press Release
2005年07月20日

「江古田シルバーホーム・コンバージョンプロジェクト」の事業化について

日本土地建物株式会社は、東京都中野区の独身寮(延床面積:約2,754.24平方メートル)を有料老人ホームへコンバージョンする『江古田シルバーホーム・コンバージョンプロジェクト』の事業化に着手致しました。

*平成18年1月末竣工予定。

本プロジェクトは、グッドデザイン賞や日本不動産学会業績賞などを受賞し業界内外から大きな評価をいただいた「Lattice aoyama」〔東京都港区南青山1-2-6、平成16年4月竣工、延床面積:4,047平方メートル〕、平成17年5月に起工した日本最大級のコンバージョンプロジェクト「Lattice shibaura」〔東京都港区芝浦4-12-35、平成18年1月末竣工予定、延床面積約6,850平方メートル〕、同じく平成17年7月に起工する「Lattice sannomiya」〔兵庫県神戸市中央区1-4-34、平成17年11月竣工予定、延床面積:約1,252平方メートル〕に続く、弊社コンバージョンプロジェクトの第4弾となります。

本プロジェクトは、高齢化進展に伴う福祉施設に対するニーズの高まりと、減損会計導入を契機とした不動産保有に対する企業態度の変化(「持たざる経営」の志向)、さらには環境配慮型への消費スタイルの変化という3つの環境変化と、弊社のビルディング事業における戦略の一つである「バリューアップ戦略」を融合させ、一般企業から独身寮を取得し有料老人ホームにコンバージョンすることにより、スクラップ&ビルドによらない資産価値の向上を実現するものです。

大江戸線「新江古田駅」から徒歩8分に位置する閑静な住宅街に所在し、周辺には「区立江原公園」や「北江古田公園」などの緑溢れる憩いの場が点在するなど、都心の利便性と自然とのふれあいを体感できる恵まれた立地環境の中、間仕切変更により実現したゆとりあるプライベート空間や、ティールームやコミュニティルーム等の豊富な共用スペースなど、そこに住まう人々の文化的な交流の場を提供します。


計画概要


(計画地/既存建物と計画建物/事業主など)

>>>詳細はこちらから


計画のポイント



〔立地分析〕

  • 大江戸線「新江古田駅」から徒歩6分、最寄駅から「新宿駅」までは20分強と都心からの利便性に優れている。
  • 北側に「区立江原公園」、西側に「区立北江古田公園」を擁し、自然とのふれあいを体感できる。

以上
Copyright NIPPON TOCHI-TATEMONO Co.,Ltd.All rights reserved