日本土地建物グループ 社会、人、環境、そして時代にやさしく
Press Release
2004年07月01日

無料ASPサービス『 減損判定シミュレーションシステム 』の開発について

日本土地建物株式会社は、減損会計に前倒し対応する企業向けのソリューションメニューとして、無料ASPサービスによる「減損判定シミュレーションシステム」を開発しました。


背景と狙い

不動産価格は、13年連続の地価下落のなか、利便性・収益性の重視などを背景とした二極化・個別化の傾向が顕著となり、適正な価値の把握が一層困難になりつつあります。一方で、企業経営における不動産戦略にあたっては、企業が使用するすべての不動産の整理と価値把握が不可欠であり、そして、会計基準のグローバルスタンダード化の流れの中で、06/03期に強制導入される減損会計は不動産の価値把握とその問題解決に大きな影響を与え、一般事業会社の「オーナーシップのトランスファー(所有と経営の分離)」を加速させるものと言えます。

そこで、今般、弊社が提供する不動産ソリューション「VITAL SOLUTION」において減損会計に対応する企業を支援すべく、インターネットを活用した「減損判定シミュレーションシステム」を開発し、ソリューションメニューを拡充しました。同システムは弊社が運用している「VITAL SOLUTION net (www.vs-net.jp)」内の「不動産価格WEB査定」を活用して「減損判定」を行なうもので、同WEB査定と同様の無料ASPサービスです。

*「VITAL SOLUTION net」は、業界初のB2B向け不動産ソリューションサイトを展望し、インターネットを活用したファーストソリューションとして02/12に開設したものです。運用開始より約1年半が経過し、一般事業会社において「不動産」に携わっておられる経営企画、財務、管財、総務などのご担当者をはじめ、不動産に係わる多くの方々にご活用いただいております。

「減損判定シミュレーション」の概要

「VITAL SOLUTION net」へアクセス(会員制・無料)していただき、各STEPに対応するフォームに必要な条件を入力するだけで、減損の「認識」から「測定」までを簡便に判定することができます。

STEP1「資産情報入力」

STEP2「グループ情報入力」

STEP3「減損認識結果」

STEP4「資産時価入力」

STEP5「減損判定結果」

〔主な特徴〕

  • 画面フォームにデータを入力するだけのシンプルユースとなっています。
  • CSV形式で資産データを一括登録することも可能です。
  • 登録資産データや判定結果データを簡単にダウンロードできます。

*計算結果はおおよその目安を示すものであり、実際の減損処理に係る認識や測定とは異なる場合があります。
*セキュリティ面は万全で認証はSSLを利用しています。ユーザーのデータは外部から直接アクセスできない非公開エリアに設置したサーバーに保管しています。

Copyright NIPPON TOCHI-TATEMONO Co.,Ltd.All rights reserved