日本土地建物グループ 社会、人、環境、そして時代にやさしく
Press Release
2004年06月15日

新型コンセプトマンションの事業化について~「MATURITY」~

日本土地建物株式会社は、今秋、東京都文京区にて、団塊の世代をメインターゲットとしたライフスタイル訴求型賃貸マンションを事業化します。
*三井不動産住宅リース株式会社による新企画商品「MATURITY」(商標登録出願中)事業化国内第1号案件


計画概要

〔計画地・計画建物〕

  • 所在:東京都文京区
  • 敷地面積:約2,800平方メートル(約850坪)
  • 用途:共同住宅
  • 構造:鉄筋コンクリート造
  • 規模:地下1階地上5階建
  • 施工床面積:約7,300㎡(2,200坪)
  • タイプ・戸数:ファミリータイプ・約70戸

〔設計施工体制〕

  • 事業主:日本土地建物株式会社
  • 企画コンサル:三井不動産住宅リース株式会社(企画協力;BAU設計株式会社)
  • 設計監理:日土地綜合設計株式会社
  • 施工:戸田建設株式会社・株式会社増岡組・日土地建設株式会社 JV

〔運営体制〕

  • 貸主:日本土地建物株式会社
  • 管理/サブリース:三井不動産住宅リース株式会社
  • 付帯サービス:三井物産株式会社
  • 詳細はこちら⇒概念図

計画のコンセプト・ポイント

〔事業化の背景〕

  • マーケティング・コンセプトメイキングの重要性
    ・社会的背景;都心部を中心とした超高層マンションの大量供給等による需給悪化
    ・団塊の世代の消費動向;高額商品の選好消費、価値観の多様化、ライフスタイルの変化
    ・所有と賃借のボーダレス化
    ・コンセプトを重視した多様な賃貸住宅の供給実績
     Lattice aoyama(クリエイター向けSOHO、コンバージョン)
     外国人向け高級賃貸(manorシリーズ)
     郊外型賃貸戸建(ネオパス新百合ヶ丘)
     シルバーホーム、学生寮・・・etc.
  • 三井Gのノウハウ ~ ソフトアライアンスの意義 ~
    ・多様な賃貸住宅事業展開のためには、プロジェクト毎の特性に合わせたマーケティング・コンセプトメイキングが重要
     → 他社とのアライアンスによる相乗効果
    ・ハードの供給からソフトを含めた提案型デベロップメントへ
     cf. 「Lattice aoyama」・・・・オーナーズコンサルタント;㈲ブルースタジオ

〔メインターゲット〕

団塊の世代
*特徴;「経済的に豊か」「熟練消費者」「高学歴かつ知的志向」「交流や趣味に積極的」

〔商品企画〕

《基本コンセプト》
『 MATURITY 』
自分の価値観を持ち、消費生活やサービスの享受に関して成熟度が高く、都心型のライフスタイルを積極的に楽しむアクティブな大人たち=“アクティブマチュア”たちのために新たなライフスタイルを提案・サポートする新しいカテゴリーのハイクオリティ賃貸住宅
Keyword ・・・・「上級志向」「先端志向」「価値志向」「積極志向」
*「MATURITY」:三井不動産住宅リースの開発商品。本プロジェクトが国内第1号案件。商標登録出願中。
*「MATURITY(マチュリティ) = 円熟、成熟、大人 の意」(「MATURE(マチュア) = 円熟した、成熟した」)
《企画・商品コンセプト》
・都心からの交通アクセスに優れ生活利便施設が充実し、閑静で快適な住宅地域
・夫婦それぞれの生活を大事にした住戸プラン
・フロントサービスの提供(コンシェルジュ)
・ヘルスケアサポート
・持ち家からの住み替えのためのリロケーションサービス(三井不動産住宅リース)
・最新のセキュリティシステムと夜間巡回警備の実施
《建物及び設備》
・今秋着工、平成17年度中竣工予定
(詳細については、開発許可取得後に別途ご案内申し上げます。)
以上
Copyright NIPPON TOCHI-TATEMONO Co.,Ltd.All rights reserved