日本土地建物グループ 社会、人、環境、そして時代にやさしく
Press Release
2003年10月20日

「証券化スキーム活用による都市型賃貸住宅事業(西五反田プロジェクト)」の実施について

日本土地建物株式会社は、興和不動産株式会社、東京建物株式会社、相互住宅株式会社(以下共同事業4社と称する)と共同で、西五反田(東京都品川区)において証券化スキームを活用した賃貸住宅事業を実施することになりました。

今次事業はいわゆる「開発型証券化スキーム」を活用して実施するものであり、共同事業4社の匿名出資するSPCが事業対象地(品川区西五反田4丁目所在、面積1.098.01平方メートル)を信託受益権の形で取得し、そこに「都市生活者のためのハイセンスな賃貸住宅」(延床面積7,234.17平方メートル)を建築・運営するものです。SPCは事業に必要な資金約30億円を、匿名出資とノンリコースローンにより調達する計画です。既に昨年12月にSPCを設立し用地を取得しており、本年10月22日着工、2005年2月竣工を目指しています。

共同事業4社は、昨年7月より「証券化スキーム活用による賃貸住宅事業研究会」を立ち上げて連携体制を深めて参りましたが、今次事業はその具体化の第1号案件となるものです。共同事業4社は、既に個々の会社では賃貸住宅事業や証券化事業において数多くの実績を積み重ねてきておりますが、今後は連携体制をいっそう深め、各社の強みを活かしつつ、更なる事業拡大を図っていく所存です。


西五反田プロジェクト事業概要

〔プロジェクトの特徴〕

  • 山の手通り沿いのランドマークとなる深みのあるエレガントで都会的な外観
  • 都心居住を先端の仕様、設備、セキュリティーで享受
  • 居住者の嗜好性に対応したバラエティーに富んだ住戸構成

〔計画概要〕

  • 所在:品川区西五反田4-31-23
  • 敷地面積:1,098,01平方メートル
  • 構造規模:RC造地上14階地下1階
  • 戸数:125戸
  • 駐車場台数:機械式25台、自走式1台
  • 延床面積:7,234,17平方メートル
  • 容積率:489,88パーセント
  • 総賃貸面積:4,968,30平方メートル
  • スケジュール:02年12月用地取得,03年9月確認申請,03年10月22日着工,05年2月竣工

〔立地及び市場特性〕

  • 東急目黒線不動前駅(地下鉄南北線、三田線が乗り入れ)徒歩約2分
  • 周辺環境:大中規模の分譲マンションや商業ビルが混在,駅前商店街に近接する高い利便性

〔商品企画〕

  • 20代~30代のシングル、DINKS向けの都市生活拠点
  • 機能性、デザイン性を両立させたい居室
  • 1R30平方メートル~1LDK60平方メートル(家賃レンジ100千円~250千円)

〔証券化スキームの特徴〕

  • 有限会社と匿名組合を組み合わせた通称「YKTK方式」を採用
  • 共同事業4社のスキル・ノウハウを終結し、不動産事業としての良好な採算性を確保するとともに、各種スキームコストを軽減。

以上
Copyright NIPPON TOCHI-TATEMONO Co.,Ltd.All rights reserved