ニュース

NEWS

2020.01.30
都市開発事業

「REVZO(レブゾ)」を新規展開
"「はたらく」を解き放つ"をコンセプトとする中規模オフィスビル
「REVZO虎ノ門」2020年6月竣工予定

日本土地建物株式会社(千代田区霞が関一丁目 代表取締役社長 平松哲郎)は、中規模オフィスブランドとして「REVZO(レブゾ)」を新規展開することとしましたので、お知らせいたします。

昨今、働き方改革や雇用環境の変化などを背景に、オフィスビルに対するニーズは多様化しています。中規模オフィスビルにおいても、高い機能性やデザインだけではなく、オフィスワーカーが健康で、働きやすいと感じる空間が求められています。しかし、中規模オフィスビルは、バブル期以前に建てられたものが多く、これらのニーズに応えられる物件は限られている状況です。
当社では、これまでオープンイノベーションオフィス「SENQ」を通して、スタートアップ企業やベンチャー企業を中心に、会員様間の交流や協業、事業創造などを支援するワークプレイスの提供に取り組んできました。今般、オフィスワーカーがより自由にいきいきと働ける環境を実現するため、新たなワークプレイスとして、中規模オフィスブランド「REVZO」を立ち上げることとしました。
「REVZO」は、"「はたらく」を解き放つ"をコンセプトに、オフィスワーカーが自分らしく、心身ともに健やかに、創造的に働くことができるオフィス空間を提供します。現在、「REVZO虎ノ門」(東京都港区西新橋)の建設を進めており、2020年6月に竣工を予定しています。その後も、都心部を中心に「REVZO」シリーズとして順次展開していく予定です。
20200130_revzoshinkitenkai.jpg

詳細はPDFファイルをご覧ください。