ニュース

NEWS

2019.01.16
都市開発事業

築40年のオフィスビルをリノベーション 「SENQ六本木」5月オープン

日本土地建物株式会社(千代田区霞が関一丁目 代表取締役社長 平松哲郎)は、オープンイノベーションオフィス「SENQ(センク)」の第4弾となる「SENQ六本木」のオープンを決定し、築40年を迎えた「新六本木ビル」のリノベーション工事に着手しましたので、お知らせします。
senq_roppongi_main.jpg
オープンイノベーションオフィス「SENQ」は、2016年11月の「京橋」オープン以来、「青山」「霞が関」と順次拠点を拡大。会員の事業成長を支援し、オープンイノベーションを促進するための仕組みである「SENQパートナー」も、当初の25社・団体から62社・団体に大幅に増加しました。いずれの拠点も高稼働が続く中、新たな協業と共創の場をご提供すべく、第4弾となる「SENQ六本木」の開設を決定しました。合計約2,730㎡(約826坪)という規模は、六本木エリアにおけるコワーキング・シェアオフィスとしては最大級の規模となります。
2019年5月中旬の工事完了、同年5月下旬のオープンを予定しており、入居希望者や報道関係者に向けた内覧会の開催も検討しております。
今後も当社では、既存の建物を活用した新たな不動産価値創出と働き方や価値観の多様化に応える新たなワークプレイス創出に取り組んでまいります。

◆主なポイント
1. 「六本木」駅徒歩1分、地域特性を踏まえ施設テーマは「CHANGE THE THEORY」
2. 計5フロア約2,730㎡をフルリノベーションした大型ワークプレイス創出
3. バリエーション豊富なオフィス、ヴィンテージテイスト漂う内装デザイン

詳細はPDFファイルをご覧ください。