ニュース

NEWS

2017.01.10
住宅事業

日本土地建物の住宅新ブランド「BAUS」初の賃貸マンション
「BAUS STAGE 広尾」着工
閑静な高級住宅地「広尾」にハイグレードレジデンス

日本土地建物株式会社(千代田区霞が関一丁目 代表取締役社長 平松哲郎)は、東京都港区南麻布において、「BAUS STAGE(バウスステージ)広尾」を本日(2017年1月10日)着工しましたので、お知らせいたします。
「BAUS STAGE 広尾」は、東京メトロ日比谷線「広尾」駅から徒歩4 分の高級住宅地に誕生する賃貸マンションです。昨年9 月に立ち上げた当社の住宅新ブランド「BAUS」初の賃貸マンションとなります。
2018年5月の竣工、同年6月からの賃貸開始を予定しています。

    ◆主な特徴
  1. 東京メトロ日比谷線「広尾」駅から徒歩4 分の好立地
    東京メトロ日比谷線「広尾」駅から徒歩4分という利便性の高い立地にありながら、周辺には有栖川宮記念公園や各国大使館があるなど、都心部有数の閑静な住環境が広がっています。
  2. シングルやDINKS のライフスタイルに寄り添う洗練された住まい
    「お客様のライフステージにフィットした住宅を」という「BAUS STAGE」のコンセプトのもと、職住近接や落ち着いた住環境を望むシングル・DINKSのライフスタイルに寄り添うレジデンスを計画。デザイン面では、光や緑、そして本物の素材感を感じられる「オーセンティック・ナチュラル」をコンセプトに掲げました。広尾の地にふさわしい、洗練された上質な住まいをお届けします。

詳細はPDFファイルをご覧ください。