先輩社員が語る総合不動産業という仕事

繋ぐ 日本土地建物販売 営業一部 三木 純 2009年入社 経営学部卒
不動産の仲介業務は人と人をつなぐ仕事 部署の垣根を越えた連携プレーでお客様の利益を守る 「チーム日土地(にっとち)」の実力

入社の動機多角的に不動産に関われる業態と
個性を重視する社風に感銘を受けた

不動産に興味を持ったのは、生まれ育った街の再開発がきっかけでした。学生時代にアルバイトをしていた商店街の店が新しくできるビルに移ることになり、店長から移転の話を聞いたり、変化する街の様子を見たりするうちに、それまで意識していなかった「街」という存在が、人々の生活にいかに深く関っているかを実感しました。人と街をつなぐ不動産の仕事がしたい。そう考えたとき、日土地は総合不動産業として幅広い取り組みを行っていて、様々な角度から不動産に関わるチャンスがあるのが魅力的でした。
学生時代は「不動産業界」というとパワフルな体育会系の人が求められているという先入観がありましたが、日土地の面接では一人ひとりの内面を引き出そうとじっくり向き合ってくれたことが印象的でした。そこに個性を重視する社風を感じ、入社を決意しました。

現在の業務内容「売りたい・買いたい」気持ちをつなぎ
双方のお客様にとって最善の方法を提案する

現在、不動産の仲介業務を担当しています。ひとことで言えば物件を「売りたい、貸したい」お客様と「買いたい、借りたい」お客様の間を取り持つ仕事です。購入を希望されるお客様への情報提供や、売却物件の査定、売却活動などを行っています。売り・買い双方の意見を聞き、成約に導くためには、お客様にとって何が最善かを考え、提案や説得を行うことが必要です。
主に法人のお客様を中心とし、取り扱う物件は、戸建やマンションといった住居系物件から一棟のオフィスビルや大規模工場などの事業系物件に至るまで実に様々です。私の在籍する横浜支店では、神奈川県をはじめとする首都圏の物件を主に取扱いますが、ときには東北地方や九州地方など遠方の案件にも取り組みます。それらの多種多様な案件を成約に導くためには「その土地・建物に対しどんなニーズが存在するか」「どんな使い方をすることで価値が生まれる物件なのか」など、自由で豊かな発想力を持つことが重要となります。そして幅広い提案を実践するために、不動産の知識はもちろん、金融や法務、税務など多岐にわたる知識が求められる仕事です。

これまでを振り返って日々の案件における新たな発見を通じ
不動産に関わる仕事の奥深さを実感

入社後は、各種研修やOJTなどを経て基礎知識を1つずつ着実に修得できたことで、臆せずに不動産の営業マンとしての一歩を踏み出せました。その中で、しっかりと指導をしながらも、新入社員にも自分なりの考え方を求める上司や先輩社員の方々のおかげで仕事の面白みを感じることができるようになりました。
その後営業の前線で様々な経験を積んでいますが、不動産には個別性があり一つとして同じものがないうえ、幅広い案件を扱う日土地では多種多様な事例に携わることができるため、日々新たな発見があります。営業1年目の頃にはなかった視点で案件に取り組めている自分に気が付くと、成長を実感できるとともに、知れば知るほどに不動産の奥深さを感じています。仕事ではときおり困難に直面することもありますが、我々には、「お客様の利益を守る」という不動産のプロフェッショナルとしての責任があります。これまでの仕事を通じ、自分の行動一つ一つがお客様の利益に直結することを実感し、責任の重大さと仕事へのやりがいをますます感じています。

私にとっての日土地個々の社員が持ち味を活かし
「チーム日土地」として大きな価値を創る

写真部署の垣根がなく、お互いの顔が見え、気軽に行き来できるオープンな社風です。部内でもボールを「キープ」するのではなく「パス」を出し合うことで、協力して業務にあたります。プロセスを重んじる当社の企業風土が現場で実践されていると感じます。
現状に満足せず、意欲的で向上心のある社員が多いことも日土地の特徴の1つです。若手社員にも自分なりのやり方を試すチャンスを与えてくれるので、やりがいを持って前向きに仕事に取り組むことができます。自力でできることには限界がありますが、各分野のエキスパートが社内の各部署にいるため、いつでも相談できて、価値の高い提案を行うことができます。
個々の社員が持ち味を活かした仕事をすることで、「チーム日土地」として大きな価値を創造できることが、当社の大きな魅力です。

3年後のビジョン日土地ならではの提案を実践することで
お客様からより深い信頼を頂く営業マンになりたい

物件が動くとき、その背景には必ずお客様それぞれの理由や特別な想いが存在します。その中で、同じ物件は2つとありません。だからこそ、どの案件にあってもお客様の立場に立ち、最適な提案は何なのか真摯に考え続けることが求められます。お客様の大切な資産を扱う営業マンは、そんな頼れる存在でなくてはならないと考えます。 不動産のプロとして取引を安心・安全なものにするのはもちろんのこと、マニュアル通りでなく「日土地ならでは」の提案ができるよう常に心がけております。そして、お客様と信頼関係を築くことで「何かあればまず三木さんに相談しよう」と思って頂けるような不動産のプロを目指していきたいと思っています。

※社員の所属などは取材当時のものです。