先輩社員が語る総合不動産業という仕事

守る 日土地ビルサービス 営業一部 福田圭佑 2012年度入社 大学院 都市環境科学研究科 修了
多岐にわたるプロパティマネジメント(PM)業務で主担当として活躍。経験を積み重ね、頼られる若きリーダーを目指す。

入社の動機入社の決め手は自分の将来像をイメージできたこと

私が子供の頃に育った街は、都市再開発が進みながらも、下町情緒が残る街でした。街の成り立ちに対する関心を自然と持つようになり、大学・大学院では建築・都市計画を学び、オフィスビルや商業施設の敷地内に設けられた「公開空地」と呼ばれる半公共空間について研究していました。研究とともに、その興味はさらに広がり、街や建物を使う人々に快適な環境を提供することを目指す不動産業界を志望するようになりました。その中でも日土地を選んだ理由は、企画から竣工、管理・運営までをグループ一体となって事業をおこなっており、一連の業務が経験できることに大きな魅力を感じたからです。さらに、面接では、学生の私に対して時間をかけてじっくりと対話をしてもらい、また、先輩がどのようなステップでキャリアを積んできたかという具体的な話も聞くことができ、自分の将来像をイメージできたことが入社の決め手となりました。

現在の業務内容建てて終わりではない――
必要不可欠なプロパティマネジメント業務

日土地ビルサービスでプロパティマネジメント(PM)業務に従事しています。オフィスビルや商業施設に限らず、どのような建物も竣工後の運営や管理がとても重要であり業務は多岐にわたります。たとえば、(1)テナント様との貸室賃貸契約に基づく管理(2)清掃・警備・設備をはじめとする各業務の専門協力会社様(ビルメンテナンス)への委託・取りまとめ(3)建物の維持・修繕の提案、計画、実施監理(コンストラクションマネジメント)などが挙げられます。また、ビルにかかわる賃料等収入や支出を管理する出納業務、オーナー様へのレポート業務などもあります。私は現在、REITやファンドに組み入れられたオフィスビル・住宅・商業施設等のPM業務を担当しています。REITやファンド物件の場合、会計・法律の知識が今までの業務以上に求められます。入社以前から、建物のみならず現場の最前線でテナント様や協力会社様と接点を持ちたいと思っていた私にとって、現在の職務であるPM業務は、念願の配属であり、日々勉強し、あらゆる経験を積みながら取り組んでいます。

これまでを振り返って新築物件の主担当抜擢で奮起
お客様から「異動されたら困る」と言われるまでに成長

入社後は、半年間の研修を終えて京橋営業所へ配属されました。先輩の補佐として携わった物件もあわせてこれまで20物件のPM業務を担当してきました。立地や各設備の仕様に限らず、ビルによってテナント様や協力会社様も全く異なるため、柔軟な対応が求められます。それは、PM業務の楽しさでもあり、難しさでもあります。解決策を見出すためには担当物件を我が家のように熟知している必要があります。
これまでの仕事で印象的なことは、入社2年目に、日土地が注力するエリアのひとつである中央区京橋で新築複合施設のPM主担当を任せてもらえたことです。新築物件に携わることは貴重な機会であり、テナント様ごとの入居工事を終え、各階のテナント様が入居されていくに従って、責任の重さを感じつつも、充実した業務を経験できました。この物件で1年ほど主担当として従事した後、現在の本社勤務となりました。営業所からの異動に伴う担当交代の挨拶回りで、各テナント様を訪問した際に、「異動しないでほしい」「異動されたら困る」とのお言葉をいただけた時は、本当に嬉しく思いました。振り返ると、主担当として任せてもらったこの時の経験が自信に繋がったと思います。

私にとっての日土地実務指導員、メンター制度は安心
誰にでも相談しやすい雰囲気がある

写真自分の意見を言いやすいこと、誰にでも相談しやすいことが日土地のよさだと思います。当社には新入社員の教育体制に実務指導員制度やメンター制度があります。業務の面で実務指導が受けられるのは心強く、また、年齢の近い先輩がメンターとなるので公私ともに相談しやすく、2、3年後の自分をイメージしやすいと感じました。一方で、私もそのような立場になってきましたが、教える側にもメリットがあります。自分の中で蓄積しきれていない内容を教えることを通して、知識を定着させ、積み上げ、深めることができるという利点があります。こうした制度だけに限らず、社員同士が交流する機会も多く、仕事で何か困ることがあれば、部署や先輩・後輩の垣根を越えてアドバイスやヒントをもらうことができます。こうした社内の雰囲気が「チーム日土地」としての総合力を生み出す土台になっていると思います。

3年後のビジョン人と接することが好き
どのようなことにも挑戦していきたい

何か困ることがあったときに、「まずは福田に聞いてみよう」と言われるようになりたいと思います。たとえ私自身が答えを導き出すことが出来ずとも、答えに繋がる方法・手段・人脈を展開することが出来る――そのような頼られる人になりたいと思っています。これまでの仕事を通じて、社内の上司・先輩に限らずテナント様や協力会社様など、様々な立場の方と対話をしながら、自分に活かせることを吸収する努力をしてきました。今後はこうした土台の上に、自分の経験をさらに積み重ねて、信頼される若きリーダーとして成長したいと思っています。今後は、現在の業務を更に深掘りしつつも、他の様々な業務に興味を持ち従事したいと思います。様々な人と向き合い接することにやりがいを感じており、その気持ちを大切にしながらまだまだ若手ですので、どのようなことにも挑戦していきたいと思います。先輩やこれから入社する後輩の皆さんとも是非、相互に切磋琢磨のうえ、グループの成長に貢献していきたいと思います。