先輩社員が語る総合不動産業という仕事

応える 日本土地建物販売 住宅事業開発部 桑田祥平 2011年度入社 法学部卒
「楽しんで仕事をする」が信条 「どうしたらできるか」を常に考え続け、難しい物件にもどんどんチャレンジしたい
入社の動機 「街」の持つエネルギーを多くの人々へ提供したい 社員が生き生きと働いている日土地へ

不動産に興味を持ったきっかけは、大学進学で地方から都内に出てきた際に、人の多さに圧倒されると同時に、「街」のエネルギーを感じたことです。そのエネルギーの中心にあるのが「街」を構成する商業施設やビル、住宅など―つまり不動産でした。就職活動では、「街」のエネルギーを人々に提供できるのは面白いと考え、不動産を総合的に手掛ける会社を志望しました。
就活中は、「社員がどのように働いているか」を企業選択の軸の一つに掲げていたこともあり、可能な限りOB訪問や社員訪問を行い多くの人に会いました。そのなかで、日土地の社員訪問では、社員が本当に生き生きしていて、オープンな雰囲気があって働きやすいと感じ入社を決めました。

現在の業務内容 分譲戸建て物件を親身にご提案 モチベーションはお客様の笑顔

現在所属する住宅事業開発部では、住宅用地の仕入れを行っています。当社の住宅事業は、マンション分譲、賃貸、戸建て分譲があり、住宅事業開発部ではそれらの用地取得を行っています。大まかな仕事の流れは、用地情報の取得→収支の検討・実査・調査→価格や契約条件などの交渉→契約・決済となります。用地取得業務は、土地の情報が無くては何も始まりません。取引先と信頼関係を築き情報のパイプを太く強くできるよう日々心掛けています。また、購入を検討するうえでは、その土地や今後建てる建物について誰よりも詳しく知り、そのうえで様々な交渉や調整を行い、契約内容を決める必要があります。会社のお金を使って土地を買うという決断をするので、非常に多くの知識が必要であり、強い責任感を持って日々の仕事に臨んでいます。社会の利益ひいては会社に利益を生み出すスタート部分を創り出しているという誇りをもてる仕事です。そして、何より最終的には自分自身が「ここは良い住宅を創ることが出来る場所だ」と信じたその場所に住宅が建ち、その住宅を選び、住んでくださる人々の笑顔にたどり着くことができるのが醍醐味です。
事業案内ページへ

これまでを振り返って 「話すこと」さえできない自分 上司のアドバイスから次のステップへ

今携わっている用地取得業務の前には、販売業務に携わっていました。その時、戸建て分譲の営業を担当していたころの話で非常に記憶に残っていることがあります。とある横浜の物件の営業担当だった時の話です。それ以前に担当した物件では、立地をはじめ商品企画や広告戦略等の条件が良く、営業担当の能力に頼らずとも売れた部分がありました。ところが横浜の担当に移ってからしばらくは、お客様と「話すこと」ができませんでした。上司から「営業活動の中で、お客様が何を求めているかきちんと考えながらやっていたのか?」と問い質され、答えることが出来なかった自分自身に落ち込みました。物件知識や金融知識の不足などももちろんでしたが、ヒアリング能力の不足や会話の受け答えというコミュニケーションの基礎を置き去りにしたまま、営業を行っていたのが原因でした。
その上司のおかげで営業の基礎を身につけることができたのだと思います。「どの様にお客様に質問を投げかけたらいいか―、お客様のご要望することの真意を考えているか?」資料を見せて、お客様のご要望にただただ従うだけは営業でないことに気づかせてもらいました。それ以来、同僚にお客様役をしてもらったり、私がお客様役をしたり、質問の形を変えてみるなど、「会話」を深められるよう取り組みました。その時期から、お客様の自分に対する見方が変わってきたのを覚えています。その後、マンションの販売担当になり、そして今は用地取得の担当となっていますが、コミュニケーションが必要なことはどの仕事であっても変わりません。相手の隠された希望をどのように聞き取るか、どうしたら相手に今以上に信頼して頂けるか、どうしたら自分の言葉が届くのかを常に考えるよう過ごしています。

私にとっての日土地 意見を言いやすい雰囲気がある先輩のバックアップは心強い!

写真働きながら感じていることは、上司や先輩が的確にサポートをしてくれることです。また、どんな役職の人であっても、自分の意見を言いやすい雰囲気があります。ただし、意見を言うからには責任が伴いますので、なぜそう考えたのか根拠を筋道立てて説明できるよう、きちんと自分の中で整理してから伝えるようにしています。どのような意見であっても頭ごなしに否定せず、意見を聞いたうえで、誤りがある場合は問題点を指摘してくれるので、意見はとにかく言いやすい。日増しに意見する回数が増えています。そういう意味でも、柔軟でオープンな会社なのではないでしょうか。仕事の進め方も比較的自由で、若手のうちからでも裁量を与えられているところがあります。それだけに、自分自身の考えを持って、作戦を練り、実行すること、積極的に取り組むことが求められているといえます。

3年後のビジョン 難しい仕事にチャレンジしたい 高い壁を乗り越えるから面白い

用地取得担当になって1年半、業務の理解が深まるにつれて改めて用地取得の奥深さを実感しています。自分が関わった土地に住宅が建っていく姿は、取得までの数々の苦労があっただけに喜びもひとしおです。今後はこの喜びを糧に用地取得における経験値を上げ、この分野に精通したプロになれるよう自己研鑽に努めたいと思います。
併せて、昨年立ち上げた新住宅事業ブランド「BAUS(バウス)」を通じ、住む人のこころに寄り添い続ける、「感動が育つ住まい」の提供を実現していきたいと考えています。
仕事は壁があった方が面白い。苦労も喜びも全てひっくるめて仕事を楽しいと思うことができれば、自然と努力ができるはずですから、私自身は「楽しみながら」を心がけています。そして、そこで得た楽しみ方をも周囲と共有できるようになりたいと考えています。

採用情報 トップ

  • 新卒採用情報
  • 採用メッセージ
  • 総合不動産業という仕事
  • 創る 都市開発部 三浦 拓
  • 担う CREコンサルティング部 深谷 正則
  • 鑑る CREソリューション本部 鑑定部 狩野 健一郎
  • 結ぶ ビル営業部 仲田 将馬
  • 募る 日土地アセットマネジメント 経営企画部 伊藤 晋三郎
  • 拓く 都市開発事業本部 戦略開発部 安達 紫野
  • 応える 日本土地建物販売 戸建事業部 桑田祥平
  • 守る 日土地ビルサービス 営業一部 福田 圭佑
  • 繋ぐ 日本土地建物販売 営業一部 三木 純
  • 描く 都市開発事業本部 設計第一部 西之原 琢也
  • 日本土地建物グループについて
  • グループ企業理念
  • グループ事業案内
  • 環境への取り組み
  • 募集要項
  • エントリー
  • 中途採用情報
  • オープンイノベーションオフィス「SENQ」
  • 日土地のシェアハウス シェアリーフ西船橋グレイスノート
  • 「BAUS」
  • 日土地のCRE戦略支援
} catch(err) {}