先輩社員が語る総合不動産業という仕事

結ぶ ビル営業部 仲田 将馬 2011年度入社 国際政治経済学部卒
テナントリーシングは顧客と会社を結ぶ架け橋 顧客ニーズの最前線で、収益実現と開発貢献を目指す
入社の動機 入社の決め手は日土地の丁寧な対話姿勢

大学では経済学を専攻し、空港や高速道路の民営化について学びました。空港内の商業施設や高速道路のサービスエリアについて研究する中で、施設利用者のニーズを先読みし、建物全体をプロデュースして多くの人に働きかけるという仕事に興味を持ち、不動産デベロッパーを志すようになりました。
日土地については、総合不動産会社としての事業領域の広さと安定した経営基盤に魅力を感じていましたが、面接における丁寧な対話姿勢が特に印象的でした。面接では、初期配属の希望や経験したい業務等、将来のキャリアプランについて相談に乗って頂き、日土地で働く未来の自分を思い描くことができました。学生の私と真剣に向き合ってくれる日土地は、社員や取引先に対してもきっと誠実な会社であろうと感じ、日土地への入社を決心しました。

現在の業務内容 会社収益を支える基幹業務 企業の多様なニーズを捉え、最新のトレンドを社内へ還元

入社以来、オフィスビルのテナントリーシング業務に従事しています。日土地グループが開発・所有・管理するオフィスビルに入居してくださる企業を誘致することが主な業務で、現在は当社の重要プロジェクトである「京橋エドグラン」を担当しています。テナントリーシングは、担当ビルのエリア分析やターゲット企業選定、営業ツール制作に始まり、入居条件の交渉や賃貸借契約書の作成、移転スケジュールの調整等、その業務範囲は多岐に渡ります。オフィスビルの賃貸収入は当社収益の大きな柱であり、若手のうちから会社の収益に直接貢献できるテナントリーシング業務は非常にやりがいのある仕事だと感じています。
また、テナントリーシングは不動産開発におけるマーケティング部門としての一面もあります。オフィスビルを選ぶテナント様の目は年々厳しくなっており、社内の開発・設計・管理の担当者からは、「どのようなオフィスビルが顧客に選ばれるか」というお客様目線の意見を日々求められます。企業の多様なニーズや最新のトレンドを社内へ還元し、日土地グループとして選ばれるオフィスビル開発を目指す。その意味においてテナントリーシングは開発業務の重要な役割を担っており、営業と開発それぞれの仕事の面白さを味わうことができる仕事と言えます。
事業案内ページへ

これまでを振り返って 営業の現場で得た知識と人脈が財産

入社後半年間は先輩社員の営業サポートを通じて実務を習得し、1年目の秋頃からは当時建築中であった京橋イーストビルを担当させて頂きました。また1年目は担当物件の営業と並行し、都心主要オフィスビルについての知識獲得に注力しました。きっかけは先輩社員の一言。「お客様から信頼される営業マンを目指すのなら、自社物件についてはもちろん、他社の物件についても詳しくなろう。」このアドバイスを機に、入社2年目までに都心オフィスビル約1,000棟へ実際に足を運び、面積や築年、入居テナント等に関するデータベースを作成。他社の物件を知ることで、自社物件の良さやセールスポイントを理解することができました。この時に得たオフィスビルの知識は私のリーシング営業の基礎となっています。
2年目以降は担当物件も増え、大企業の本社移転からベンチャー企業のオフィス新設まで様々な企業のオフィス移転に携わらせて頂きました。テナントリーシングは社内の開発・設計・管理部門はもとより、共同事業者やゼネコン、設計会社、仲介会社など社外関係者との接点が多い業務です。企業のオフィス移転を経験する度に得た幅広い人脈は、不動産マンとしてのかけがえのない財産ですね。

私にとっての日土地 若手社員を重要プロジェクトに抜擢 上司や会社からの信頼に応えたい

写真日土地は、とにかく若手が活躍しやすい会社です。数字だけではなくプロセスを重視する経営方針と長期的な視点に立った人材育成方針のもと、OJTを通じて若手を育てる風土がグループ全体に根付いています。重要プロジェクトに若手が参画するケースも珍しくなく、若手のうちから主体的に仕事に取り組むことが期待されています。私自身、3年目に当社の重要プロジェクトである「京橋エドグラン」の営業立ち上げメンバーに抜擢頂き、現在までリーシング主担当を任せて頂いています。私を信頼し、活躍の機会を与えてくださった上司や会社に対しては、担当物件の早期満室稼働という結果で応えたいですね。



3年後のビジョン 目指す姿は顧客ニーズのプロフェッショナル 選ばれ続けるオフィスビル開発に貢献したい

入社以前より、私はテナントリーシング部門への配属を希望していました。建築が専門ではない私が不動産開発に貢献するためには、顧客ニーズを営業の現場で体得する必要があると考えたからです。念願かなってテナントリーシング業務に従事し、オフィスを選ぶ企業のニーズについては徐々に理解が深まってきています。今後は、日土地ビルサービスでプロパティマネジメント業務を経験し、実際にオフィスを使用しているお客様の声を聞きたいと考えています。今後ますます競争が激しくなるオフィスマーケットにおいて、日土地のオフィスがこれからもテナント様から選ばれ続けるために、顧客ニーズのプロフェッショナルとなってオフィスビル開発に貢献することが目標です。

採用情報 トップ

  • 新卒採用情報
  • 採用メッセージ
  • 総合不動産業という仕事
  • 創る 都市開発部 三浦 拓
  • 担う CREコンサルティング部 深谷 正則
  • 鑑る CREソリューション本部 鑑定部 狩野 健一郎
  • 結ぶ ビル営業部 仲田 将馬
  • 募る 日土地アセットマネジメント 経営企画部 伊藤 晋三郎
  • 拓く 都市開発事業本部 戦略開発部 安達 紫野
  • 応える 日本土地建物販売 戸建事業部 桑田祥平
  • 守る 日土地ビルサービス 営業一部 福田 圭佑
  • 繋ぐ 日本土地建物販売 営業一部 三木 純
  • 描く 都市開発事業本部 設計第一部 西之原 琢也
  • 日本土地建物グループについて
  • グループ企業理念
  • グループ事業案内
  • 環境への取り組み
  • 募集要項
  • エントリー
  • 中途採用情報
  • オープンイノベーションオフィス「SENQ」
  • 日土地のシェアハウス シェアリーフ西船橋グレイスノート
  • 「BAUS」
  • 日土地のCRE戦略支援