先輩社員が語る総合不動産業という仕事

担う CREコンサルティング部 深谷正則さん 2008年度入社 自然科学研究科修了
「建築」と「都市計画」日土地なら2つの視点を活かせる
入社の動機 「建築」と「都市計画」日土地なら2つの視点を活かせる

ものづくりが好きで、中学生の頃から建築に興味があり、専門的に学びたいという思いから、建築学科のある高等専門学校に進学しました。5年間、図面の引き方やプランの立て方など建築全般を学んでいるうち、「建築だけにとらわれず、もっと広い視点で都市に関わりたい」と思うようになり、大学3年次編入をして大学院まで4年間、都市計画について学びました。
就職活動では学生時代に学んできた「建築」というミクロの視点と、「都市計画」というマクロの視点、両方を活かせる会社を基準に選びました。日土地は、都市開発、設計、CRE戦略支援、仲介、ビル管理、建設、資産運用など、グループ会社で不動産に関わる多様な業務を総合的に行っていて、ジョブローテーションによって複数分野の経験が蓄積できるので、「この会社であればスキルが必然的に身につくはず」と感じました。また、最初の会社説明会から社員の方が1対1で説明してくれるので、社員の方との対話から、この会社であれば学んできたことが活かせて、さらに自分が成長できるという確信とともに、会社の雰囲気も肌で感じることができ、安心感をもてたことも入社の決め手となりました。

現在の業務内容 多角的な視点から不動産の有効活用を提案 工場から有料老人ホームまでバリエーションはさまざま

私は現在、CREコンサルティング部に所属しています。CREとは、「Corporate Real Estate」の略称で、「企業不動産」とも呼ばれ、企業が自社の事業を営んでいくうえで使用または所有するすべての不動産のことをいいます。これを効率よく活かし、企業そのものの価値を高める戦略を練って法人のお客様に提案します。その中で私は、お客様に向けて建て替えや改修工事、耐震診断や耐震改修等のCREソリューションを提案する業務を行っています。例えば建て替え提案の際の業務内容としては、物件の調査、企画図面の作成、建物オペレーター、設計事務所、ゼネコンなど各業者様とのプランや経済条件の協議、事業収支の検討や工事中の事業推進、竣工式の取りまとめ等です。この業務は言わば「お客様の資産をお預かりして、開発業務を代行する」ことになるので、自社資産の開発を行なうこととはまた違った責任も重く、且つ、業務内容や提案内容は多岐に渡ります。
実際に携わった案件を3例ほどご紹介すると、1例目は有料老人ホームです。遊休地化している土地を有効活用したいとのご要望があり、立地や経済条件等を総合的に考えて提案しました。2例目は、自動車部品メーカー様の工場を移転する際のプロジェクトマネジメント業務です。3例目は、老朽化した建物の建て替え案件でしたが、立地が駅近くだったこと等から既存の建物の仕様とは異なるビジネスホテルを提案して開発しました。お客様のご要望や立地条件等はそれぞれ違うので、案件ごとに最適な提案ができるよう、お客様と常に向き合い、期待を上回る提案ができるよう努めています。
事業案内ページへ

これまでを振り返って 銀座という街に似合う スタイリッシュな高齢者向け住宅を提案

これまで携わった仕事の中で、特に印象に残っているのは、以前よりお取引をさせていただいているお客様からご相談を受けて、銀座に高齢者向け優良賃貸住宅を新築した案件です。当初よりお客様との会話の中で「創業の地でもあり、地域に貢献できることをしたい」というご要望があり、その熱い想いに応えるべく最終的に高齢者向けの優良賃貸住宅を提案しました。実はこの案件で私は、最初は設計・技術部に所属していて設計者として基本設計から担当した後、現部署に異動となり、偶然か必然か引き続き事業推進の立場として竣工まで携わることが出来たのです。お客様のご要望に加え、銀座という土地柄をイメージしたスタイリッシュさと、木目調を部分的に取り入れて温かみを感じられるデザインにしつつ、高齢者の方が安心して心地よく過ごして頂けるよう利便性や快適性といったこだわりも随所に盛り込んで提案しました。それこそ、カーテンの色から椅子、備品まで全て決めたんですよ!自分が描いた図面が形になる設計者の喜びと、竣工時にお客様と共に喜びを分かちえる事業推進の営業担当としての喜びを両方味わえた貴重な経験で、完成後、夜ふらっと銀座に行き、建物の中に灯りがついているのを見たときは「お客様の想いと私の想いを詰め込んで造ってきた建物に今人が住んでいるのだな」と、とても感慨深かったです。さらに、この案件を通じ、一つのプロジェクトには社内外の多くの方との連携が不可欠なこと、またお客様の資産を動かすという責任ある仕事を任されていることを再認識した忘れられない案件となりました。

私にとっての日土地 日土地の社員は「真面目でインテリジェント」 風通しの良い社風が大きな魅力

写真 日土地のイメージを一言で表現すると、「真面目でインテリジェントな人が多い」と言えます。不動産に関わる幅広い業務を行っているので、各部署に専門知識や多様な経験を持った方が多いです。私が所属するCREコンサルティング部は、他の部署と連携をとりながら仕事を進めていくのですが、例えば、銀座の高齢者向け優良賃貸住宅の外装や内装で悩んでいたときも、先輩が外出先の帰りに「イメージの参考になるかもしれないマンションがあるから」と一緒に見に行ってくれるなど、アドバイスや行動で仕事の進め方・まとめ方を教えてくれました。こうした誰に対しても向き合ってくれる多くの上司や先輩方にサポートいただく中で仕事を学んでいける風通しの良さは日土地の魅力だと感じています。



3年後のビジョン できるだけ多くの仕事を経験してスキルアップにつなげたい

現在の部署は、建築的な知識だけではなく営業のスキルや財務・会計的な視点、不動産全般の幅広い知識が求められます。ご相談いただくものは、エリア特性や建物の用途はもちろん、お客様からのご要望もさまざまなので、目の前の案件をひとつひとつこなしていくうちに、こうした知識が自然と身についてきているなという実感があります。いろいろなお客様や業種の方と一緒に仕事をしていくのは、とても良い刺激になっています。もともと「たくさんの経験をしたい」と飛び込んだ日土地なので、これからもできるだけ多くの経験を積み、スキルアップにつなげていきたいと思っています。

採用情報 トップ

  • 新卒採用情報
  • 採用メッセージ
  • 総合不動産業という仕事
  • 創る 都市開発部 三浦 拓
  • 担う CREコンサルティング部 深谷 正則
  • 鑑る CREソリューション本部 鑑定部 狩野 健一郎
  • 結ぶ ビル営業部 仲田 将馬
  • 募る 日土地アセットマネジメント 経営企画部 伊藤 晋三郎
  • 拓く 都市開発事業本部 戦略開発部 安達 紫野
  • 応える 日本土地建物販売 戸建事業部 桑田祥平
  • 守る 日土地ビルサービス 営業一部 福田 圭佑
  • 繋ぐ 日本土地建物販売 営業一部 三木 純
  • 描く 都市開発事業本部 設計第一部 西之原 琢也
  • 日本土地建物グループについて
  • グループ企業理念
  • グループ事業案内
  • 環境への取り組み
  • 募集要項
  • エントリー
  • 中途採用情報
  • オープンイノベーションオフィス「SENQ」
  • 日土地のシェアハウス シェアリーフ西船橋グレイスノート
  • 「BAUS」
  • 日土地のCRE戦略支援