先輩社員が語る総合不動産業という仕事

描く 都市開発事業本部 設計第一部 西之原 琢也 2006年度入社 大学院 自然科学研究科 修了
何十年も安心して使える安全性と耐久性、 建物としての美しさを兼ね備えた、 理想のオフィスビルを設計したい

入社の動機あるべき場所に必要な建物を建てる
地に足のついた開発姿勢に共感

学生時代、解体されるビルを見て、いつも「もったいない」と思っていました。建物を解体せず既存躯体を有効利用する事で、競争力のある新たな用途の物件に再生する「コンバージョン」事業を手がけていることが、日土地に興味を持った理由です。
大学では病院の建築計画を学びましたが、就職活動では幅を広げ、いろいろなことに挑戦できそうな企業を探しました。日土地の、話題性を求めるのではなく、あるべき場所にあるべき建築をつくる、地に足のついた開発姿勢に共感し、日土地を選びました。

現在の業務内容都市開発部、CREコンサルティング部等と連携し
お客様のご要望を形にしていく

おもにオフィスビルの基本設計から現場の監理業務までを担当しています。基本設計ではお客様のニーズを的確に把握することが重要です。そのためには都市開発事業部やCREコンサルティング部との連携が欠かせません。
たとえば、以前担当していた本社ビルの建て替えの案件では、CREコンサルティング部がお客様の不動産のトータルのコンサルティングを行っておりましたが、設計・技術部も打ち合せに同席し、お客様の細かなご要望をヒアリングします。ヒアリングで得られた要望を設計に落とし込み、形にしていくのが設計・技術部の仕事です。

これまでを振り返って先端技術を詰め込んだ環境配慮型プロジェクト

これまでにさまざまな設計を手掛けてきましたが、なかでも思い出深いのは、虎ノ門で設計・監理を担当した環境配慮型のオフィスビルです。社会的に環境への配慮が求められる中、日土地として初の試みとして始まったプロジェクトでした。設計を進めるうえで、新しい試みも多く、困難な場面も多くありましたが、その分やりがいもあり、出来上がった時の喜びと達成感は非常に大きかったです。

私にとっての日土地不動産に関するあらゆるニーズに
グループ全体の総合力で勝負する

写真日土地は総合力で勝負できる会社だと思います。不動産業にとって必要な部隊のほとんどをグループ内に有しているので、お客様のご要望に対し、様々な角度からアプローチできることが当社の強みです。不動産業界の中でも社内に設計部を持つ会社はそれほど多くはありません。
社内にいろいろな部署があることで、異なる立場の人の意見を聞くチャンスにも恵まれています。設計者の視点とは異なった、大切なことに気づかされたり、新しい情報に触れることができるので、自分自身の勉強にもなっています。

3年後のビジョン幅広い分野の知識を習得し
引き出しの多い設計者を目指す

まずはオフィスビルの設計に納得がいくまで取り組みたいです。何十年も安心して使えて見た目にも美しい、実用性と安全性、建物としての美しさを兼ね備えたオフィスビルを作りたい。そのためには設計者としてのスキルアップだけでなく、幅広い分野の知識を理解することが必要だと考えています。プロジェクトに関わる人々の立場を理解し、様々な角度から建築にアプローチできる引き出しの多い設計者、すなわち人間として成長することが目標です。