先輩社員が語る総合不動産業という仕事

創る 都市開発部 三浦拓 2008年度入社 工学部 建築学科卒
安心して楽しく仕事ができるのが日土地の魅力。自分のアイデアで人を喜ばせる場所を生み出したい。

入社の動機卒業研究で知った日土地
自分の夢ともぴったり一致

建築に興味を持ち始めたのは中学生の頃。施工現場で親類の手伝いをする機会があり、建物をつくるのは面白いと感じたことがきっかけでした。また、物件ごとに造りは全く違うし、同じものが一つとしてないことにも惹かれました。大学では建築学科を専攻し、特に興味を感じたのが建物のリノベーションやコンバージョンでした。既存の建物を生かす面白さ、制約がある中でいかに魅力的な建物をつくるかを考えるのが楽しくて、卒業論文の研究テーマにも取り上げました。卒論の資料集めを通じ、コンバージョンで有名な「ラティス青山」を手掛けた日土地に興味を持ち、採用面接を受けてみることに。最初から1対1の面談で驚きましたが、対話を重ねるうちに、若手にもチャンスがあり、自分のやりたいことを実現できる会社だと感じました。自分の興味や夢にも合致していたことが入社の決め手でした。

現在の業務内容入社前の希望が叶って3年目で改修案件を担当

オフィスビルを中心とした開発を手掛ける「都市開発事業部」に所属しています。具体的な業務としては、用地取得から建築、竣工後の運営方法の策定などをトータルでマネジメントすることです。それに加えて私は、入社前からの希望が叶い、リノベーションやコンバージョンと呼ばれる改修案件も担当しています。改修案件の場合、自社物件で古くなったり稼働率が低下した既存建物の有効活用を考えるほか、他社所有で同様の物件を再生させて収益性を向上させるコンサルティングも重要な業務となります。入社3年目で担当した「シェアリーフ千歳烏山」は既存のマンションを改修し、シェアハウスとして再生させた案件でした。開発を担当した私も週末はお客様をご案内しました。人と接することは楽しくて、何よりも自分の関わった建物にどんどん入居していくのを目の当たりにして達成感がありました。

これまでを振り返ってたくさんの人を喜ばせたい音楽スタジオ付き物件が誕生

思い入れがある物件は「シェアリーフ西船橋グレイスノート」。もともと企業の研修所として利用されていた建物を、音楽スタジオ付きシェアハウスに改修した物件です。当初は、広すぎる共用スペースが一般的な住宅には不向きで、オフィス立地でもないことなどから、この建物をうまく生かせるかどうか不安でした。しかし、広すぎる共用スペースは逆に、シェアハウス向きだと発想を転換。付加価値をさらに高めるために、私は先輩と検討を重ね、「音楽スタジオ付きなら入居者もきっと喜んでくれるはず!」と提案してみました。
このアイデアは、改修後は使わなくなるスペースが建物の地下にあり、防音に優れていたこと、私自身が学生時代にバンド活動をしていたことがヒントに。上司へ提案した際には、収益性に関しては問われたものの、アイデア自体への反対はなく、前向きにチャレンジできました。スタジオの機材も自分で選んだんですよ(笑)。完成した当初は稼働率がなかなか上がらずプレッシャーもありましたが、宣伝方法の工夫などで困難を乗り越え、現在では常に満室に近い稼働を誇る物件とすることができました。入居者の皆さんに楽しんでいただけていることを嬉しく思っています。

私にとっての日土地「一緒に面白い仕事をしよう!」親身になってくれる熱い先輩たち

写真 入社1年目は初めてのことだらけで、仕事もうまくできない自分に落ち込んでいた時期がありました。そのとき、ある先輩が「仕事は人だ。担当者が『面白くない。やりたくない』と感じる仕事はクオリティが低い。クオリティの高い仕事は、自分だけでなく一緒に携わる人も面白いと感じてくれている。だから、一緒に面白い仕事をしよう!」と励ましてくれました。言われてみれば当然のことですが、それ以来、意識が変わったと思います。このように日土地には、若い社員が困っていたり、つまずいていたりするときに、先輩たちが親身に相談にのってくれる雰囲気がある。安心して楽しく仕事ができる環境が整っていると感じています。



3年後のビジョン経験を通じて知識やノウハウを深め改修案件のスペシャリストを目指す

改修案件に関してはシェアハウスを2件、他社物件でのコンサルティングを数件担当してきましたが、まだまだ経験が十分とはいえません。今後も知識やノウハウを積み上げるとともに、「改修案件だったら三浦に頼みたい」と言われるようになりたいですね。入社前から希望だった改修案件に携わってみて、想像以上に「面白い!」と感じました。改修物件の醍醐味は、アイデアを出せば、いくらでも面白いものができること。デザインだけでなく、運営方法などで工夫のしどころがたくさんある。建築費が高騰している昨今、どのように収益を上げるかは課題で、既存建物の有効活用による価値創造はこれからも増えるでしょう。そのために、お客様から喜んでもらえる企画、独自のアイデアを出し続けながら、3年後もプロジェクトマネージャーとして現場の最前線で活躍したいと思います。