PERSON

若手社員の本音トーク2019

MEMBER

※所属は取材当時のものです。

若手社員による本音トーク、前回取材から2年が経ちました。
自身の成長や環境の変化などを踏まえながら、
入社4年目となった同期社員が再び集まって、本音でトークします。

現在の業務内容・やりがい

──4年目となった現在の仕事内容とやりがい

坂本 私は現在、住宅事業開発部に所属しています。日土地の住宅ブランド「BAUS」を展開するため、マンションや戸建てなどの住宅用地の取得を担当しています。以前は日土地ビルサービスでビルの運営管理に携わり、テナント様やご利用者様に快適な空間を提供する仕事でした。不動産開発事業の川下(運営管理)から川上(用地取得)という異なる立場となり、当然、必要な専門知識やスキルなども違うことから、異動直後は環境の変化に戸惑いもありましたね。一方で、新しい環境ならではの刺激や成長なども実感できるため、若いうちにジョブローテーションでさまざまな経験ができるのは貴重だと感じています。

津田 私は3年目の春に、投資開発部に異動しました。投資開発部は、私の異動とほぼ同時期に発足した新しい部署です。主な仕事としては、用地取得担当者が取得した土地に、どのような建物を建てるか、事業予算やスケジュールなどの検討をして企画・開発をします。取り扱う物件は、中規模オフィスビルをメインに、商業ビル、ホテルなどさまざまです。さらに、日土地アセットマネジメントと連携して、資産運用事業の推進も担当しており、こちらは不動産を証券化して扱う事業。今後はこうしたスキームを活用した事業がますます重視されていくと思うので、幅広い知識が得られてとても勉強になります。

岩井 私の仕事は建物が完成した後の業務ですね。現在所属している資産マネジメント第一部は、グループで保有する不動産の資産価値・収益力を向上させるための業務を担っています。まさに、資産をマネジメントする部署です(笑)。物件ごとに過去の経緯や現状の分析を行い、将来どのようにしていくのが最適か、想定されるいくつかのシナリオを比較し、方針を策定します。簡単に言うと、各物件の運用方針を定めるものです。関連する部門と連携しながら進める仕事のため、不動産業務全般に幅広く関与できる部署とも言えます。また、この仕事は会社の収益に直結するため、大きなやりがいを感じています。

竹田 私は不動産鑑定士として、価格や賃料の評価業務に携わり、数多くの経験を積んできました。上司や先輩にサポートしてもらいながら、専門家としてスキルアップできたと感じます。3年目のときに評価チームから企画チームに移り、お客様への鑑定業務のご提案や受注などの営業活動を行うようになりました。具体的には、お客様の依頼背景や目的に応じた適切な商品サービスのご提案、受注した案件の調査内容決定などを担当しています。入社以来、鑑定部に所属していますが、不動産鑑定士の実務経験を踏まえた提案をすることで、お客様と信頼関係を築くことができました。これまで以上に、仕事の視野が広がったと感じています。

同期との関係性の変化

──同期入社10人との関係性の変化

坂本 改めてみんなの仕事内容を聞いていると、役割期待の変化やそれぞれの成長を実感しますね。実際に4年目ともなると、他部署にいる同期の活躍を耳にすることが増えました。ここ最近、私は鑑定部と連携する仕事が多いので、竹田くんの話はよく聞きます。今や鑑定部のエース!同期としてそういった話を聞くと、誇らしさと同時に大きな刺激を受けます。

竹田 ありがたいですが、面と向かって言われると照れ臭いですね(笑)。

津田 私の場合は定例の会議でよく会う同期がいるのですが、今ではすっかり“その部署の代表”として参加しているなと感じるようになりました。業務と部署を背負って、それぞれのミッションを尊重しながらプロジェクトを進めていると、やはり互いの成長を感じますよね。

岩井 わかります。振り返ると、1~2年目の頃は自分の業務に精一杯ですが、3~4年目となると視野も広がり、会社全体の中での役割を意識して、より主体的に業務に取り組めているように感じます。それと、前回の本音トークでも言いましたが、さまざまな部署に頼れる同期がいることに、やはり心強さやありがたみを感じることが多いです。気心が知れているので、多少聞きづらいことでも相談できるんですよね。

竹田 業務で関わる部署に同期がいると、非常にやりやすいですね。私自身も質問しやすいですし、逆に坂本くんから質問された際にはクイックレスポンスを心掛けていました。

坂本 その節はありがとうございました(笑)。やはり同期同士でしか生まれない一体感はあるし、そこは今後も大切にしていきたいです。みんな成長するにつれ変わる部分もあると思いますが、同期で集まると入社当時と変わらなく接せるので、こうした関係は今後も大事にしていきたいですね。

先輩・後輩との関わり

──上司や先輩との関わりの変化

岩井 自分自身の成長でいうと、周りを巻き込んで行動できるようになりました。新入社員の頃は、上司や先輩が私の成長のために、成功も失敗も見守りつつ指導してくださったので、フォローしてもらっていたことが多々ありました。今は多くの経験が身となり、自分から意見を発信していくことが増えました。

竹田 確かに以前に比べ、自分の経験や知識に基づいて物事を判断し、それを推進することができるようになってきましたね。その点で言うと、例えば上司や先輩の意見が必ずしも正しいとは限りません。上の方の意見をそのまま鵜呑みにするのではなく、自分の意見を伝え、しっかり議論することが大切だと気付きました。

津田 社内で意見の相違があったとしても、みんなお互いの考え方を尊重し合っていると思います。どの部署にも共通しているのは、「ともに考え、ともに創る」という精神で、お客様や事業パートナーなどと一心同体になって、win-winの関係を目指しているんですよね。

坂本 私たちの仕事は、土地を仕入れて、建物を建てて、それで終わりではありません。長期的に不動産を管理・運営し、まちづくりに携わり続けているからこそ、関係者の方々とも長期的な目線で信頼関係を築いていくことを大切にしています。この社風の印象は入社以前から変わらないですね。

──後輩との関わり

岩井 今の部署になってからは私が一番年下のため、直接の後輩はいません。しかし、他部署の後輩と一緒に仕事をするときは、他部署の先輩だからこそできるアドバイスを心掛けています。年の近い先輩だからこそ、どんどん質問したり、頼ったりしてもらえるように、壁を感じさせないような雰囲気づくりも意識しています。

竹田 私が後輩に対する接し方として心掛けていることは3つあります。何かを教えるときは、後輩が十分に理解しているか様子を見ながら話すこと。次に、「1」聞かれたら「10」教えるイメージで、話を関連させながら教えること。最後に、質問に対する回答は多忙を理由に後回しにせず、その場で回答すること。これらは実は、自分が先輩からしてもらっていたことなんです。

津田 わかります。私も後輩に依頼や説明する際は、理解できているか確認し、なるべく包括的な説明をするようにしています。加えて、後輩への期待や感謝の想いをきちんと伝えるようにしています。新入社員の頃に、上司が私に対する期待の気持ちをしっかり言葉にして伝えてくれて、とてもやる気が出たのを覚えているからです。

坂本 私は、自分の言葉遣いや立振る舞いが、後輩から見られているということも意識しています。後輩ができてからは、より一層気を引き締めて仕事に取り組むようになりました。同期とは飲み会の席で「後輩に対してどう指導すればいいのかな」なんて話が出たりもします。先輩方も私たちに対してそうだったのかもしれませんね(笑)。

TOP