PERSON

テナントリーシングは
会社収益を支える基幹業務。
責任やプレッシャーもあるが、
その分やりがいを感じる日々。
幅広い経験を積み重ね、
不動産のプロを目指す。

HIROTOSHI OI

大井 啓稔

ビル営業部
2014年入社


仕事

入社以来ビル営業部に所属し、日土地グループが開発・所有・管理するオフィスビルのテナントリーシング(テナント誘致)に従事しています。オフィスビルに入居してくださる企業を誘致し、賃貸収入を得ることが主なミッションです。入社3年目からは、当社の旗艦プロジェクトである「京橋エドグラン」のテナントリーシングを担当しています。

──なぜ日土地へ入社しようと?

大学時代、不動産投資に興味を持ったことがきっかけで、デベロッパーや不動産コンサルティング会社でのインターンシップを多く経験しました。当社は、デベロッパーとして数多くの開発実績を持ち、安定的な賃貸収入を基盤としながら、CRE戦略支援などの不動産ソリューション事業にも力を入れており、総合不動産会社として幅広い事業領域を持つ点が魅力でした。また、当社が印象的だったのは、最初の会社説明会の段階から学生と社員で一対一の対話ができること。面談を通して会社理解が深まったほか、自分の想いをありのまま伝えることができました。こんな風に一人ひとりと真剣に向き合ってくれる会社の姿勢や、面談した社員のイキイキとした姿に惹かれ、この会社ならのびのびと仕事ができそうだな、と思い入社を決心。その意味では私の日土地への決め手は「人」でした。

──業務内容(テナントリーシング)を学生に分かりやすくご説明いただくと?

主な業務としては、当社グループが開発・所有・管理するオフィスビルを対象に、入居してくださる企業を誘致し、賃貸収入を得るための営業活動を行っています。具体的には、担当物件のエリア分析やターゲット企業選定、営業ツールの作成に始まり、現地案内や入居条件の交渉、賃貸借契約書の作成、移転スケジュールの調整など、その業務範囲は多岐に渡ります。その他に、不動産開発におけるマーケティング部門としての一面もあります。より良いオフィスビルを開発するために、新築オフィスビルの企画・計画段階から関与し、顧客目線の意見やマーケット動向など、営業の立場だからこそ得られる情報を社内に還元することも大切な業務です。また、業務上、多くの関係者との接点を持つため、社内の開発・設計・営業・管理部門はもちろん、入居テナント、共同事業者、ゼネコン、設計会社、仲介会社など、幅広い人脈作りができます。オフィスビルの賃貸収入は当社収益の基盤であり、テナントリーシングは会社収益を支える基幹業務です。責任やプレッシャーもありますが、その分非常にやりがいのある仕事だと感じています。

──これまでを振り返って、どのような経験をしてきましたか?

入社後半年間は、実務指導員となる先輩の営業サポートとして、当時竣工直後であった「大崎ウィズタワー」のテナントリーシングに携わり、徐々に実務を習得していきました。担当物件の営業の他にも、営業ツールとなる物件パンフレットの作成など、1年目から主担当として仕事を任される機会が多く、新人のうちから主体的に取り組む姿勢が身に付きました。難しい業務でまだ適切な判断ができないときや、困ったときなどは、周りの人に気軽に相談できる環境で心強いです。また、先輩からのアドバイスを機に、業務中に時間を見つけては、都心主要オフィスビルの視察や、過去に締結した賃貸借契約書の事例収集など、業務に関連する知識の習得にも意欲的に取り組みました。この時に得た知識は現在でも役立っています。2年目以降は担当物件が増え、様々な企業のオフィス移転に携わりました。3年目には、当時建築中であった「ラティス青山スクエア」のテナントリーシングを担当した後、当社の旗艦プロジェクトである「京橋エドグラン」のリーシングチームに加入しました。大規模新築ビルのテナントリーシングという数少ないチャンスを得て、貴重な経験を積むことができました。

仕事相関図

──あなたから見た日土地の魅力は?

冒頭で日土地への入社の決め手は「人」と答えましたが、実際に入社してから現在に至るまで、尊敬できる先輩たち、頼りになる後輩たちと一緒に仕事ができており、私の直感は間違っていなかったと確信しています。また、社員の声を大事にしているという印象も変わりません。組織がコンパクトで、みんなの顔が見える会社です。自分の意見が言いやすく、若いうちから会社の顔として活躍できる点も当社の魅力のひとつです。

──今後の目標について、どのような社員を目指したいですか?

当社は総合不動産会社として多岐に渡る事業を展開しており、都市開発、住宅、不動産ソリューション、資産運用などの業務に携われるチャンスがあります。正直なところ、今の仕事が充実しているため、当面はテナントリーシングを続けたいですが、一方で、これまで経験したことのない新しい仕事にチャレンジし、その醍醐味を味わってみたい気持ちもあります。今後は不動産に関わる様々な仕事を経験し、社内外から頼られる不動産のプロを目指したいと考えています。

──オフはどんな風に過ごしていますか?

休日はジムでの筋トレを続けています。ダイエットを目的に1年ほど前から始めました。入社してから2年間で10kgほど太ってしまい、このままではまずいと思い一念発起。単にジムに通うだけでなく、当初の数ヶ月間はパーソナルトレーナーをつけて真面目に取り組み、一時7kgほど落としました。最近はリバウンドとの戦いで、現状維持が精一杯ですが(笑)

──昨年のクリスマスには社内で大いに話題になったとか?

年に1度、日土地グループ社員約500名が集まる全社イベント「クリスマスパーティー」。昨年は私が幹事の一人として司会進行を務めました。仲の良い先輩に「絶対に似合う!」と説得され、しぶしぶご覧のようなコスプレに(※趣味ではございません)。どうせやるならとことんやるのがモットーのため、プロのメイクさんにもご協力いただき、完成度の高い女装を追求。おかげさまで、社内では大好評をいただき、ひと安心。その後、さまざまな部門の方に顔を覚えてもらえたり、声を掛けてもらう機会も増えたりと、社内ネットワークが格段に広がるという副産物も。ちなみに、彼女の名前は「エドぐら子」です(笑)

LIFE STYLE

WEEKDAY
HOLIDAY