PERSON

お客様の想いに寄り添いながら
最適なソリューションを
ご提供しています。

YUJI HIYAMUTA

冷牟田 優司

CREコンサルティング部
2010年入社


仕事

CRE (Corporate Real Estate、企業不動産)戦略支援とは、企業が保有している本社や工場、社宅、店舗などの不動産を分析し、最適な不動産戦略をプランニングして企業の収益改善や価値向上をサポートする仕事です。企業にとって不動産はとても大きな経営資源であり、CRE戦略の成否が経営に大きなインパクトを与えます。建替えや移転、増築、売却、拠点統廃合など、ニーズに合わせた様々な戦略を提案するとともに、プロジェクトマネージャーとして建築事業の推進も全面的にサポートします。

──なぜ日土地へ入社しようと?

幼少時に新興住宅地に引っ越したときに、街なかに大きなショッピングモールができ、それを機に人の流れが一気に変わったことに強く興味を引かれました。そうした原体験もあり、大学では建築や都市計画を学びました。大学院時代には、都市計画実習でベトナムのハノイへ行った際、現地の方々の「街ができれば仕事が増え、生活が豊かになり、人生が変わる。街に魅力がないと幸せに暮らせない。」という切実な思いに触れました。そうした経験から「建物を通して街の魅力づくりに貢献したい」という想いが強まり、不動産業界を志望。総合不動産会社であり、CRE戦略支援などの独自の事業領域にも取り組んでいる日土地に興味を抱き、会社説明会に参加。志の高い社員の方々と話をしているうちに、自分が自分らしく働ける会社だと確信し、日土地を志望しました。現在入社8年目ですが、入社時に感じた日土地の魅力は今も変わっていません。

──担当しているCRE戦略支援事業は、学生に理解しにくいビジネスですね?

CRE戦略支援事業の主な業務は、企業に対するコンサルティングです。不動産コンサルティングというと、アパート建築等による遊休不動産の有効活用を想像される方が多いのですが、当社の場合は企業全体にとって最適な不動産の活用方法をご提案するので、サービス内容は調査・分析から売却・購入・拠点の統廃合、あるいは建替え・リノベーションなど多岐にわたります。不動産の活用は金額も大きく専門的なノウハウも必要となるため、「不動産を多く保有しているが、どのような順序でどう活用検討を進めれば良いかわからない」と悩まれるお客様がほとんど。そこで私たちが、総合不動産会社としてのノウハウや実績をもとに、お客様が保有する不動産を分析し、本業の事業内容や財務状況も踏まえた最適なソリューションをご提案していきます。お客様によって、保有する不動産の数や用途も違いますし、「不動産を活用すること」の意味合いも千差万別です。それぞれのお客様の想いに寄り添いながら、ともに考え最適なソリューションを提案し実行していく――難しくもありますが、またやりがいも感じます。

仕事相関図

──では「建築プロジェクトマネジメント」とは何でしょうか?

これはCRE戦略支援から一歩進んだ話で、CRE戦略を立案した結果、具体的に「本社を建替えよう」「社宅を改修しよう」との結論に至ったお客様に対して、プロジェクトの企画・開発・推進をサポートする仕事です。私たちは、事業を進めるお客様の立場に寄り添い、プロジェクトが円滑に進むよう、専門的な知見に立ってお客様をサポートします。ある大手企業の本社建替え事業をサポートした際は、ゼネコン、設計会社、共同事業者などが関与する複雑なスキームの中で、お客様にとってのメリットが最大化するよう関係者との交渉の前面に立ちました。本社建替えはお客様にとって社運をかけた大事業であり、プレッシャーと責任がありましたが、円滑なプロジェクト推進を実現することができました。

──CRE戦略支援に携わる社員は経験豊富なベテランの方が多いのですか?

CREコンサルティング部には現在10名ほどの担当が在籍しており、中堅・ベテランが中心です。それぞれのコンサルタントとしての経験に加え、一級建築士、不動産鑑定士など各分野における自分の“武器”を持っている担当者が多いです。私は昨年11月に自社物件を開発する都市開発事業部から異動してきました。まだまだコンサルタントとしての経験は浅いですが、6年半デベロッパーとして開発に携わってきたノウハウや経験を活かして業務に取り組んでいます。コンサルタントとしての経験不足に対しては、それぞれの知見を持った上司や先輩が自身のノウハウや知識を出し惜しみせずに提供してくれるので、助かっています。他部署やグループ会社にも財務、鑑定、仲介、設計、管理、リーシング等に精通したスペシャリストがいて、些細なことでも相談に乗ってくれるのでとても心強いです。その風通しの良さが日土地の何よりの良さであり、自分も周りの仲間に対してそうありたいと自然に思えてきます。社外に対しても同様で、お客様のために真摯な対応を日常的に行える、日土地はそんな「まじめで丁寧、時々お人好し」な会社です。

──今後コンサルタントとしてどのようなキャリアを描いていますか?

デベロッパーの仕事もコンサルタントの仕事も根幹は同じで、不動産という媒体を通して街・人々・企業・サービスに付加価値を生み出すことが大きな意義だと考えています。CRE戦略支援事業においては、お客様の想いに寄り添いニーズに応えることを何よりも大切にしていきたいです。今後は更に専門性を高めながら幅広い視野を持ち、お客様から求められる存在になっていきたいですね。自分のモットーである「心は熱く、頭は冷静に、行動は泥臭く」を意識しながら、資料作成や下調べも真摯にやり続けることでお客様からの信頼を勝ち取り、「冷牟田さんに相談してみたい」と思っていただけるコンサルタントになりたいです。

──オフはどんな風に過ごしていますか?

家族や友人と旅行に行くことが多いです。今までは沖縄、屋久島、東北、北海道などに行きました。また会社の保養所が箱根や八ヶ岳などにあるのでよく利用しています。次の目標は子供たちとの海外旅行。新婚旅行で行って以来ハワイが大のお気に入りです。次は子供たちも連れて行きたい!

──大学時代の思い出は?

自転車サークルに所属し、40人くらいで北海道から九州まで日本中を旅しました。自分の足でたどり着いた街の魅力に触れた感動が、今の仕事を志すきっかけの一つにもなっています。四国に行った時には、数十年に一度の寒波でテントが雪で覆われ、4月だというのに凍傷寸前でした。自然と向き合うので色んなハプニングがつきものですが、自転車の旅は春夏秋冬を肌で感じることができるので大好きです。

LIFE STYLE

WEEKDAY
HOLIDAY
TOP