PROJECT REPORT 3 環境・防災に配慮した未来志向の都市づくり GLOBAL GATE グローバルゲートは、名古屋駅南に広がる大規模再開発エリア「ささしまライブ24 」の中核を成す複合施設です。「ささしまライブ24 」では、名古屋市大都市圏の玄関口にふさわしい魅力と活気に満ちた街を目指して、産・官・学のコラボレーションにより国際歓迎・交流拠点としての機能が充実し、環境や防災にも配慮した未来志向の都市づくりが行われています。

名古屋の新たなランドマーク

グローバルゲートは、オフィス、店舗、ホテル、コンファレンスで構成されています。

基準階専有面積500坪超のオフィスフロアは、窓際の熱処理と日射遮蔽機能を備えたPCピラスターとLow-Eガラスによるカーテンウォールの採用により、居住性の高い執務空間となっています。

南側沿道にけやき並木、屋上にオフィスワーカーや施設来訪者のリフレッシュ空間となる庭園を整備し、施設全体で約4,500m2の緑化面積を確保。都心でありながら自然を感じられる施設です。

GLOBAL GATE

サスティナブルな都市環境の実現

グローバルゲートは、国土交通省が推進する「住宅・建築物省CO2先導事業」に全国で初めてエリアとして採択されました。下水再生水の温度差エネルギーや太陽熱を熱源に用いた高効率の地域冷暖房を採用。機能の異なる複数の建物間で消費特性に対応してエネルギーシステムを最適化。
エリア全体でエネルギーマネジメントに取り組み、持続可能な都市生活の実現を目指します。

最先端技術とパッシブ技術の融合により、建築環境総合性能評価システムCASBEE名古屋において、最高のSランクの性能となっています。

万一に備えた耐震性能・BCP性能

長周期地震動の後揺れや暴風時の居住性に効果を発揮する、波形鋼板耐震壁+粘弾性ダンパーによる制振システムを採用し、耐震性を確保した制震構造としています。また格子状地盤改良(TOFT工法)で液状化を防止し、基礎の信頼性を高めています。

本線・予備線の2回線受電や、非常時にはオフィス専有部に電源供給を行う非常用発電機の整備など、防災時の事業継続性を高める取り組みも行っています。

2017年3月、緑豊かな外構空間を備えた環境・防災配慮型施設「GLOBAL GATE」が、名古屋の新たなランドマークとして誕生します。

1. 都心でありながら自然と季節が感じられる心地よい商空間
2. 来訪者のリフレッシュ空間となる屋上庭園と環境学習ができる屋上農園

●WEBサイト:http://globalgate.nagoya/

環境への取り組み トップ

  • TOP Message
  • 日本土地建物グループのビジョン
  • 各事業における取り組み
  • PROJECT REPORT 1
  • PROJECT REPORT 2
  • PROJECT REPORT 3
  • PROJECT REPORT 4
  • 地球温暖化対策
  • 省資源・廃棄物削減
  • 環境との調和
  • 東京都環境確保条例に基づく提出書類の公表
  • 安心・安全への取り組み
  • 私たちは、Fun to Shareに賛同しています。