CRE最前線!

CRE戦略としての土壌汚染対策

今、環境問題の視点から土壌汚染がクローズアップされています。2003年に「土壌汚染対策法」が施行され、土地の土壌汚染調査や安全対策が義務となっています。土壌汚染を不動産評価に反映させる不動産鑑定評価基準の改正もなされています。2010年4月には再び土壌汚染対策法の改正が行われ、土地の形質変更時の行政への届出が義務化されます。

一方、会計コンバージェンスの一環として、2010年4月以降に始まる事業年度から「資産除去債務に関する会計基準」が適用されます。有形固定資産を除去する際に法令や契約等で求められる義務=「将来の支出」を負債として認識し、当該資産の耐用年数にわたって減価償却費として計上する会計処理が求められます。

このような動きを背景に、CRE戦略における土壌汚染対策ソリューションビジネスで躍進しているランドソリューション株式会社ソリューション開発事業部長の佐野速雄氏に、土壌汚染対策の現状と課題についてお話を伺いました。

佐野 速雄氏(写真)

佐野 速雄 氏
ランドソリューション株式会社
ソリューション開発事業部 事業部長

top
  • CRE最前線!TOPへ
  • バックナンバー

法人のお客様へ 都市開発・不動産ソリューション・資産運用 トップ

CRE戦略支援についてのお問い合わせはこちら

  • 都市開発
  • オフィスビルのご案内
  • 開発プロジェクトのご紹介
  • 企画・開発/監理
  • 施工(建設工事・ビルリニューアル工事)
  • プロパティマネジメント
  • 不動産再生
  • 不動産ソリューション
  • CRE(企業不動産)戦略支援
  • CRE戦略とは
  • CRE戦略の必要性
  • CREマネジメントサイクル
  • M&A時代におけるCRE戦略
  • サービスのご案内
  • 戦略立案コンサルティング
  • CREXα(クレックスアルファ)
  • 賃貸等不動産コンサルティング
  • プロジェクトマネジメント
  • CRE SOLUTION Report
  • CRE最前線!
  • CRE講座
  • CRE SOLUTION Report不動産情報誌発行のご案内
  • 事例のご紹介
  • 遊休地の売却依頼に、操業中の工場売却を提案
  • 不動産価値を適正に把握することで、店舗賃料を削減
  • 遊休地に取引先の拠点を建設
  • 経営資源の観点から、不動産情報を一元管理
  • 旧本社跡地を高齢者向け賃貸住宅として再生
  • 査済証のない旧耐震建物を助成金対象へ
  • 不動産鑑定
  • 不動産仲介
  • 不動産証券化
  • 資産運用
  • 資産運用
  • 安心・安全への取り組み
  • 日土地のCRE戦略支援
  • CRE SOLUTION Report