CRE講座

2009/1/1 UP

第1回セミナー 企業コンプライアンス総論

昨年も、残念ながら、企業の不祥事の報道が相次ぎました。特に、食品の偽装表示や冷凍餃子、事故米の転用、汚染された地下水の使用など食材など食の安全性を巡り大きな社会問題となりました。その前年の平成19年には、給湯器メーカーAの瞬間湯沸かし器による一酸化炭素中毒事件、訪問介護Bによる訪問介護事業所に関する不正申請に端を発した一連の事件、経済産業省から一部業務停止命令を受けたことを契機にその後破産した英会話学校Cの事件等企業の不祥事も記憶に新しいでしょう。

そこで、企業コンプライアンス総論の今回では、コンプライアンスの意味やコンプライアンスを無視したり逸脱したりする原因や、今日、コンプライアンスを守らなかった場合、どのような事態を招くのか等につき確認してみたいと思います。

1.コンプライアンスの考え方

まず、コンプライアンスとは、一般に経営者や従業員が、企業活動を遂行する上で、法令や社内の諸ルール等の倫理規範や行動規範を順守すること(法令順守)を意味するといわれております。要は決められたルールを守るという概念ですから、その概念自体決して難しいものではありません。なおここで注意して頂きたいのは、コンプライアンス=法令のみの順守と理解してしまうと、法令にさえ違反しなければよい、逆にそれ以外のことは何をやってもよいということになりかねず、企業に求められている社会的責任などを果たせなくなる恐れがあるので、企業倫理を含めた広い概念として理解しておくべきだと思います。

top
  • CRE講座 TOPへ
  • 目次に戻る
  • バックナンバー

法人のお客様へ 都市開発・不動産ソリューション・資産運用 トップ

CRE戦略支援についてのお問い合わせはこちら

  • 都市開発
  • オフィスビルのご案内
  • 開発プロジェクトのご紹介
  • 企画・開発/監理
  • 施工(建設工事・ビルリニューアル工事)
  • プロパティマネジメント
  • 不動産再生
  • 不動産ソリューション
  • CRE(企業不動産)戦略支援
  • CRE戦略とは
  • CRE戦略の必要性
  • CREマネジメントサイクル
  • M&A時代におけるCRE戦略
  • サービスのご案内
  • 戦略立案コンサルティング
  • CREXα(クレックスアルファ)
  • 賃貸等不動産コンサルティング
  • プロジェクトマネジメント
  • CRE SOLUTION Report
  • CRE最前線!
  • CRE講座
  • CRE SOLUTION Report不動産情報誌発行のご案内
  • 事例のご紹介
  • 遊休地の売却依頼に、操業中の工場売却を提案
  • 不動産価値を適正に把握することで、店舗賃料を削減
  • 遊休地に取引先の拠点を建設
  • 経営資源の観点から、不動産情報を一元管理
  • 旧本社跡地を高齢者向け賃貸住宅として再生
  • 査済証のない旧耐震建物を助成金対象へ
  • 不動産鑑定
  • 不動産仲介
  • 不動産証券化
  • 資産運用
  • 資産運用
  • 安心・安全への取り組み
  • 日土地のCRE戦略支援
  • CRE SOLUTION Report