スクラップ&ビルドによる事業最適化

製造業A社の当初の依頼事項

かつて取得した工場用地a(遊休地)の市場価値が大幅に低下。
減損処理が必要となった用地aの売却を希望。

日土地の戦略提案

スクリーニングの結果、用地aは工場開設により市場価値を上回る使用価値を実現させる事業収益が見込まれる。
逆に稼働中の工場bはある程度の売上高を確保しているが、「市場価格」を超える「使用価値」を実現できておらず、将来的にも価値向上が見込めない。
そこで不動産価値を最大限に活かすべく工場bを売却するとともに、その売却資金で用地aに工場建設することを提案。

結果

用地bは「使用価値」を上回る価格で売却でき、用地aの減損処理を回避するとともに、全体の企業価値向上を実現。

戦略実施概要

お問い合わせ

不動産ソリューションサービスについてのお問い合わせはこちらから

お電話のお問い合わせ
03-3501-6370
営業戦略部(受付:平日9:00~17:20)
WEBのお問い合わせ
お問い合わせフォームはこちら