沿革

HISTORY

1954年 「勧友ビルディング」(資本金2,000万円)設立
宅地建物取引業・損害保険代理業の業務開始
「名古屋勧銀ビル」竣工
1955年 不動産鑑定業の業務開始
1960年 ビル管理・清掃業の業務開始
「京ビル」竣工
1961年 「勧友ビルディング」と「浪速建物」が合併し、「勧銀土地建物」へ社名変更
「淀屋橋勧銀ビル(現:日土地淀屋橋ビル)」竣工
1962年 「横浜市鴨居分譲地」販売開始
1965年 不動産鑑定業者登録
「川崎市百合ヶ丘分譲地」販売開始
1969年 「勧銀土地建物」資本金5億円に増資
「広尾マンション」販売開始
「横浜東本郷分譲地」販売開始
1972年 「横浜白山分譲地」「戸塚台分譲地」販売開始
1973年 「勧銀土地建物」資本金10億円に増資
1974年 「勧銀土地建物」を「日本土地建物」へ社名変更
「日土地ビル」竣工
1975年 損害保険代理業務を「日本協栄」へ業務移管
「横浜白山分譲住宅」販売開始、戸建住宅事業に本格参入
1979年 「横浜あずま野分譲住宅」販売開始
1982年 「日本土地建物」資本金15億円に増資
1985年 「日土地名古屋ビル(旧:名古屋勧銀ビル)」竣工
1988年 「横浜戸塚台分譲住宅」販売開始
1990年 「プラスα事業部」を設置、不動産コンサルティング業務を本格化
1992年 「日土地総合管理」を設立し、ビル総合管理部門を一部移管
「日本土地建物販売」設立
1996年 「霞が関ホーム」設立
1997年 「ミナトビルディング」を子会社化し、「横浜・日本土地建物」へ社名変更
1999年 不動産仲介部門と住宅企画部門を「日本土地建物販売」へ業務移管
「日本土地建物販売」と「横浜・日本土地建物」が合併
法人営業部を新設、不動産ソリューション事業を本格化
2000年 「日土地総合管理」を「日土地ビルサービス」へ社名変更
「日土地綜合設計」設立
証券化プロジェクト「ネオパス川崎」組成
2001年 「勧業不動産グループ」と事業統合
「日本土地建物販売」と「勧業不動産」が合併し、「勧業日土地販売」へ社名変更
「霞が関ホーム」を「日土地建設」へ社名変更
損害保険代理業務を「トータル保険サービス」へ譲渡
「品川Vタワー」販売開始
簡易鑑定システム「VITAL REPORT」開発
2002年 不動産ソリューションサイト「VITAL SOLUTION net」開設
「日土地西新宿ビル(新宿オークシティ内)」竣工
開発型証券化プロジェクト「ネオパス・エフ・アイ・エス」組成
2003年 「勧業日土地販売」を「日本土地建物販売」へ社名変更
2004年 「日本土地建物」資本金50億円に増資
私募ファンド「ネオパス・エイリス」組成
コンバージョンプロジェクト「ラティス青山」竣工
2005年 「レイクウッドコーポレーション」ゴルフ場運営開始
2008年 「日土地アセットマネジメント」金融商品取引業の業務開始
CREマネジメントシステム「CREX」開発、販売開始
2009年 「日本土地建物」資本金170億円に増資
2010年 設計業務を「日土地綜合設計」から「日本土地建物」へ業務移管
2011年 クラウド型CREマネジメントシステム「CREXα」サービス開始
2012年 シェアハウス「シェアリーフ千歳烏山」竣工
「日本土地建物」と「勧友エンタープライズ」が合併
2013年 「グランフロント大阪」竣工
2014年 「大崎ウィズシティ」竣工
「日本土地建物」と「日新建物」が事業統合
2015年 「日本土地建物プライベートリート投資法人」運用開始
「パークシティ大崎」竣工
2016年 住宅マスターブランド「BAUS(バウス)」立上げ
オープンイノベーションオフィス「SENQ(センク)」立上げ
「京橋エドグラン」竣工
2017年 「ラティス青山スクエア」竣工
「グローバルゲート」竣工