日本土地建物グループのあゆみ

1954
 
2017
1954 -1961

創業
〜勧友ビルディングから 勧銀土地建物へ〜

1954年、日本勧業銀行の全面的なバックアップのもと、勧友ビルディングが創業、同時に竣工した名古屋勧友ビルディングで賃貸事業を開始した。さらに、関西におけるビル賃貸事業展開のため、1959年、浪速建物が設立されたが、有力な不動産会社を育成するという銀行の方針に則り、両社は1961年に合併、勧銀土地建物が発足した。

1954

「勧友ビルディング」設立(昭和29年5月12日)
[名古屋勧友ビルディング]の竣工により、ビル賃貸事業を開始
損害保険代理店業務を開始

1956

宅地建物取引業の不動産売買仲介事業を開始

1959

「浪速建物(株)」設立、[淀屋橋勧銀ビル]の建設に着手
[京ビル]竣工

1960

ビル清掃管理業務を開始
浪速建物、[堂島勧銀ビル]竣工

1961

浪速建物、[淀屋橋勧銀ビル]竣工
勧友ビルディングと浪速建物が合併、社名を「勧銀土地建物(株)」に変更

1962 -1973

宅地開発・分譲事業の成功で急成長

勧銀土地建物は、発足直後の1962年、宅地開発・分譲事業に乗り出すことを決断、まず横浜市鴨居で宅地造成に着手した。その後、川崎市百合ヶ丘をはじめ、相次いで大規模な宅地開発を進めたが、大都市圏における深刻な住宅不足の中でどれも大成功を収めた。
こうして宅地開発・分譲事業は、1960年代を通じて主力事業に育て上げられ、業容の急速な拡大を牽引していった。

1962

鴨居(横浜市)で山林等を取得、増岡組と共同で宅地造成事業を開始(横浜市、92千m²・278区画、1964年から販売開始)

1963

百合ヶ丘(川崎市)で山林等を取得、造成事業への本格的取組みを開始(川崎市、300千m²・760区画、1965年から販売開始)
関西初の宅地造成・分譲事業[桃ケ丘分譲地](枚方市、12千m²)の販売開始
西武鉄道(株)より造成済み宅地[小金井分譲地]を取得。以降、同社より3分譲地を継続取得

1964

[勧銀御徒町ビル]竣工

1965

不動産鑑定業者登録(建設大臣登録⑴第6号)
[東本郷分譲地]を取得(横浜市、153千m²・545区画、1969年から販売開始)

1966

[白山分譲地]を取得(横浜市、284千m²・960区画、1972年から販売開始)

1967

本社事務所移転(勧銀本店新館→同南別館)

1968

初の分譲マンション[広尾マンション]着工(1970年竣工)
[あずま野分譲地]を取得、造成開始(横浜市、188千m²・561区画、1979年から販売開始)

1969

[戸塚台分譲地]を取得(横浜市、190千m²・483区画、1972年から販売開始)
[宮野木分譲地]を取得(千葉市、98千m²・300区画、1973年から販売開始)

1970

霞が関(千代田区)で現本社ビル用地(日本放送協会霞が関分館)落札

1974 -1990

ビル賃貸事業拡充へ軸足を転換

1970年代に入り、わが国経済が高度成長から安定成長に移行するに伴い、事業の軸足を宅地分譲事業からビル賃貸事業に移していくこととなった。1974年、日土地ビルが竣工し、本社を同ビルに移転、社名も日本土地建物に変更した。
その後もオフィスビルの建設に注力、ビル賃貸事業は、1976年には売上で住宅分譲事業を逆転、主力事業の地位を固めていった。

1974

社名を「日本土地建物(株)」に変更
[日土地ビル]竣工、本社を同ビルに移転
[日土地内幸町ビル]竣工
[日土地仙台ビル]竣工

1975

[白山分譲住宅](第一期35戸)の販売開始、戸建住宅事業に本格参入
損害保険代理店業務を日本協栄(株)へ移譲

1984

日土地西新宿ビルの用地を取得

1990

「プラスα事業部」を設置、不動産の有効活用等コンサルティング業務を開始
[日土地新百合ヶ丘ビル]竣工
[京都南ゴルフガーデン(ゴルフ練習場)]竣工

1991 -1999

バブル崩壊後の不動産市場長期低迷を克服

1980年代後半のバブル経済では、不動産業界も投資ブームに沸いたが、1990年代に入ると、バブルは崩壊、それとともに不動産市場は長期低迷に陥った。
日本土地建物は投機的な動きからは距離を置いていたので、その影響は限定的であったが、社内体制の整備に注力するとともに、長期経営計画の策定を開始、経営基盤の強化に取り組み、厳しい時代を凌いでいった。

1992

「日土地総合管理(株)(現日土地ビルサービス(株))」を設立
「日本土地建物販売(株)」を設立、住宅販売の受託業務を開始

1996

「霞が関ホーム(株)(現日土地建設(株))」を設立

1997

[日土地原町ビル新館](文京区)竣工

1998

「西新宿六丁目南地区市街地再開発組合」設立

1999

[日土地京都ビル]竣工
日本土地建物販売に、住宅事業部および営業部の業務を移管
法人営業部を新設、<不動産ソリューション事業への本格的取組み開始>
都心型高級分譲住宅「ネオパスシリーズ」の販売開始

2000 -

不動産市場の構造変化と新しいビジネスモデル構築へ

21世紀に入り、不動産市場は大きく変貌、不動産私募ファンドの組成や証券化を活用した開発事業に積極的に取組むとともに、勧業不動産との事業統合(2001年)による仲介事業の大幅な強化や他社に先駆けるCRE戦略支援事業の開始などにより、この変化の波を捉えていった。2008年のリーマンショックで不動産投資市場が機能不全に陥った際には、当社も証券化を活用した大規模開発事業の含み損処理を余儀なくされたが、経営計画の刷新によりV字回復を達成した。
そして2014年11月、経営基盤の一層の強化を図るため、日新建物との事業統合を実施、ここに、日本勧業銀行が母体となって設立された不動産会社の一本化が完成した。2015年には初の私募リート運用に踏み出し、新たなビジネスモデル構築へ向けた動きがさらに大きく前進した。

2000

不動産証券化事業の第一弾として、(旧)日土地川崎ビルを証券化
「日土地綜合設計(株)」を設立、設計・監理業務を開始

2001

勧業不動産グループとの事業統合が実現
日本土地建物販売(株)と勧業不動産(株)が合併、「勧業日土地販売(株)(現日本土地建物販売)」発足。
「京橋二丁目西地区まちづくり検討会」発足
初の有料老人ホーム[甲子園シルバーホーム]竣工
初の開発型証券化に係る「㈲ネオパス・エフアイエス」設立

2002

初の顧客所有不動産証券化に係るSPC設立(不動産ソリューション案件)
初の超高層ビル[日土地西新宿ビル(再開発事業)]竣工

2003

[日土地京橋ビル]竣工
超高層分譲マンション[品川Vタワー]竣工
初の外国人向け賃貸レジデンス[Azabu Manor]竣工

2004

初の私募ファンド「ネオパスエイリスファンド」組成
初のコンバージョンプロジェクト[ラティス青山]竣工

2006

「日土地CREセミナー第1回」開催
[虎ノ門イーストビルディング]竣工
[汐留芝離宮ビルディング]竣工
[日土地川崎ビル]竣工
[ラティス芝浦]竣工

2007

「大井町西地区市街地再開発組合」設立
[仙台ファーストタワー(共同建替え)]
[霞が関コモンゲート(PFI事業)]竣工

2008

[日土地堺筋ビル][(不動産ソリューション案件)DRE小牧センター]竣工
初の大規模郊外型商業施設[ルララこうほく]竣工
クライアントサーバー型CREマネジメントシステム「CREX」の開発、販売開始

2009

「大崎駅西口南地区市街地再開発組合」設立
「北品川五丁目第一地区市街地再開発組合」設立
[芝浦ルネサイトタワー]竣工
新ブランドによる分譲マンション[ラヴィアンコート亀有]竣工
[ラヴィアンコート墨田業平]竣工

2010

[IKOZA(PPPによる大型商業施設)]竣工(大和市)
[日土地銀座ビル]竣工
[日土地日本橋イーストビル]竣工

2011

「京橋二丁目西地区市街地再開発組合」設立
クラウド型CREマネジメントシステム「CREXα」サービス開始

2012

初のシェアハウス[シェアリーフ千歳烏山]竣工
[新宿イーストサイドスクエア]竣工
[中野セントラルパーク]竣工
分譲マンション[ブリリア大井町ラヴィアンタワー(再開発事業)]竣工

2014

[大崎ウィズタワー]竣工
日新建物と事業統合

2015

私募リート「日本土地建物プライベートリート投資法人(NTPR)」運用開始
[パークシティ大崎]竣工

2016

分譲マンション[GROBAL FRONT TOWER]竣工
「虎ノ門駅前地区市街地再開発組合」設立
住宅新ブランド「BAUS(バウス)」立上げ、 第一弾として、分譲マンション[BAUS柏]販売開始
[京橋エドグラン]竣工、グランドオープン
オープンイノベーションオフィス「SENQ(センク)」立上げ、 第一弾を京橋エドグランで開業

2017

[グローバルゲート(ささしまライブ24)](名古屋市)竣工
[ラティス青山スクエア(建替え)]竣工

In
1954

Photo Gallery

  • 1954年 [名古屋勧友ビルディング]の竣工により、ビル賃貸事業を開始
  • 1955年 不動産評価業務開始
  • 1959年 [京ビル]竣工
  • 1961年 浪速建物、[淀屋橋勧銀ビル]竣工
  • 1963年 百合ヶ丘で山林等を取得、
    造成事業への本格的取組みを開始
    (川崎市、300千m²・760区画、1965年から販売開始)
  • 1968年 [あずま野分譲地]を取得、造成開始
    (横浜市、188千m²・561区画、1979年から販売開始)
  • 1974年 [日土地ビル]竣工、本社を同ビルに移転
  • 1975年 [白山分譲住宅](第一期35戸)の販売開始、
    戸建住宅事業に本格参入
  • 1985年 [日土地名古屋ビル(建替え)]竣工
  • 1999年 [日土地京都ビル]竣工
  • 2002年 初の超高層ビル[日土地西新宿ビル(再開発事業)]竣工
  • 2003年 超高層分譲マンション[品川Vタワー]竣工
  • 2006年 [虎ノ門イーストビルディング]竣工
  • 2007年 [仙台ファーストタワー(共同建替え)]
  • 2012年 分譲マンション[ブリリア大井町ラヴィアンタワー(再開発事業)]竣工
  • 2013年 [京橋イーストビル]竣工
  • 2014年 [大崎ウィズタワー]竣工
  • 2016年 分譲マンション[GROBAL FRONT TOWER]竣工
  • 2016年 [京橋エドグラン]竣工、グランドオープン
  
CLOSE