EPISODE 04 保守・管理

お客様に寄り添った運営と、
確かな保守管理から、
安心・安全・快適な空間の提供を。

 

建物・設備の総点検実施には、
各分野のプロを総動員。

私たちのプロパティマネジメントの特徴の一つは、各分野のプロフェッショナルが一堂に会して、建物・設備の点検を行う、通称「キャラバン」を定期的に実施していることです。建築・電気・機械設備の専門技術者、アセットマネージャー、プロパティマネージャー、ビルメンテナンス会社、施工会社等の各専門分野のプロが、互いの知識や経験を活かして、技術、コスト、運用面など、多面的な視点で質の高い議論や検証を行います。その検証結果や対策等を、関係者と共有し、ビルの品質の維持・向上に努めています。

快適なオフィスづくりのため、
女性の視点を積極導入。

近年のオフィス選定において、女性社員の意見を積極的に取り入れる企業が増えています。女性の社会進出やダイバーシティ、働き方改革などの流れの中、企業にとって女性目線の快適性や業務の効率性がより重要になっているためです。私たちはアメニティ向上など様々な面で、女性の視点を積極的に取り入れて、開発・設計部門とともに、お客様によりご満足いただけるオフィスづくりに取り組んでいます。

プロパティマネジメントは、建物の計画段階から。

私たちは、竣工後のスムーズな稼動を見据えて、建物の計画段階から、プロパティマネージャーの意見をプロジェクトに取り入れ、運営管理の体制づくりに取り組んでいます。たとえば「京橋エドグラン」の場合、再開発組合や協力会社の方々からの要望・意見を集約し、コスト面にも配慮しながら、お客様の快適性や管理上の安全性や効率性を確保する計画にこだわりました。建物の計画段階からのプロジェクト関係者が一体となった運営と保守管理は、当社グループの全てのビルに共通するこだわりの一つです。

日土地ビルサービス株式会社
営業二部
長部 純子

入社以来、プロパティマネジメント業務を担当。オフィスビル、住宅、商業施設、駐車場など、多様な施設を担当。

Copyright NIPPON TOCHI-TATEMONO Co.,Ltd. All Rights Reserved.