賃貸等不動産コンサルティング

サービス内容

「賃貸等不動産の時価等に関する会計基準」および「賃貸等不動産の時価等の開示に関する会計基準の適用指針」に対応したコンサルティングサービスです。単に、賃貸等不動産の時価を開示するための作業ではなく、ポートフォリオの最適化を通じて来るべきIFRS(国際会計基準)への対応をサポートします。

不動産鑑定についてはこちら

業務フロー

日土地がご提案する本サービスの特徴は、CRE戦略の一環として企業全体の不動産ポートフォリオのあり方を再検討し、時価開示の対象となる案件、非開示化を検討する案件にそれぞれ合致する適切なソリューションをご提供するトータルコンサルティングにあります。充実したIRと同時に、不動産ポートフォリオの正確な状況把握を実現し、CRE戦略を構築する上で有益な社内情報の整備が可能です 。

1. サマリーシートの作成

貴社の保有するCREに関する基礎的な情報を一元的に整備し、不動産ポートフォリオの全体像の把握、個々の不動産としての課題の抽出やポテンシャルを検証するためのフェーズです。賃貸等不動産の時価開示に必要な簿価、損益等に加え、シート策定時点で各案件の概算時価を算定します。

2. 基本方針の策定支援

作成したサマリーシートを踏まえ開示内容の改善や不動産ポートフォリオの適正化に向けた『基本方針』や、業務推進に即した『ロードマップ』を策定します。まず、賃貸等不動産の範囲を確定し、開示対象となる案件と、非開示化を検討していく案件とを選別します。次に、開示対象となる案件についてはキャッシュフローの改善策を、非開示化を検討する案件については、自社利用・用途転換・売却・証券化等といった個別ソリューションの可能性を検証しご提案いたします。また、監査法人等との調整についてもバックアップいたします。

3. 評価方針の策定支援

開示対象となる案件については、個別案件ごとの資産内容等を比較検証した上で、重要性の軽重によるグルーピングを行い、各案件やカテゴリに適した評価手法をご提案いたします。適切なグルーピングと評価手法を組み合わせた『評価方針』の策定が、トータルコストの削減を実現します。

4. 不動産鑑定評価/価格査定業務の実施

不動産評価実績ランキングにおいて、綜合不動産会社No.1の実績(2008年度)を誇る不動産鑑定評価機関として、高品質なレポーティングを行います。

5. 個別ソリューションの実行

貴社の経営戦略との整合性や、不動産ポートフォリオのバランス、税効果などを総合的に勘案した上で、綜合不動産会社としてのノウハウを活用したキャッシュフローの改善策や、個別ソリューションを提供いたします。

詳細パンフレットはこちら

法人のお客様へ 都市開発・不動産ソリューション・資産運用 トップ

CRE戦略支援についてのお問い合わせはこちら

  • 都市開発
  • オフィスビルのご案内
  • 開発プロジェクトのご紹介
  • 企画・開発/監理
  • 施工(建設工事・ビルリニューアル工事)
  • プロパティマネジメント
  • 不動産再生
  • 不動産ソリューション
  • CRE(企業不動産)戦略支援
  • CRE戦略とは
  • CRE戦略の必要性
  • CREマネジメントサイクル
  • M&A時代におけるCRE戦略
  • サービスのご案内
  • 戦略立案コンサルティング
  • CREXα(クレックスアルファ)
  • 賃貸等不動産コンサルティング
  • プロジェクトマネジメント
  • CRE SOLUTION Report
  • CRE最前線!
  • CRE講座
  • CRE SOLUTION Report不動産情報誌発行のご案内
  • 事例のご紹介
  • 遊休地の売却依頼に、操業中の工場売却を提案
  • 不動産価値を適正に把握することで、店舗賃料を削減
  • 遊休地に取引先の拠点を建設
  • 経営資源の観点から、不動産情報を一元管理
  • 旧本社跡地を高齢者向け賃貸住宅として再生
  • 査済証のない旧耐震建物を助成金対象へ
  • 不動産鑑定
  • 不動産仲介
  • 不動産証券化
  • 資産運用
  • 資産運用
  • 安心・安全への取り組み
  • 日土地のCRE戦略支援
  • CRE SOLUTION Report