クラウド型CREマネジメントシステム CREX α(クレックス アルファ)

CRE戦略にクラウドの力を

『CREXα(クレックス アルファ)』は、従来の『CREX』のコンセプトを踏襲しながら、新たにクラウド化したもので、物件数やユーザー数の少ないお客様、システムの運用や管理の負担を気にせずサービスを活用したいお客様などにもお手軽にご利用いただける新しいCRE情報整備ツールです。

お電話でのお問い合せ CREコンサルティング部 03-3501-6370(受付時間 平日9:00~17:20)
サービスについてのお問い合わせはこちら

CRE戦略を支援するクラウドサービス CREX α(クレックス アルファ)の特徴
「Force.com」を基盤とするクラウドサービス 「Force.com」を基盤とするクラウドサービス イメージ画像

「CREXα」は(株)セールスフォース・ドットコムとのパートナー契約によりクラウドプラットフォーム「Force.com」に構築されたアプリケーションです。

システムの運用や管理の負担を軽減 システムの運用や管理の負担を軽減 イメージ画像

クラウド化によって、システムの運用や管理の負担を気にせず、お手軽に利用いただけます。

スピーディな導入が可能スピーディな導入が可能 イメージ画像

インターネット接続環境さえあればすぐに利用可能。

CRE戦略実践のファーストステップであるCRE情報整備をCREX α(クレックス アルファ)がサポートします。

サービスについてのお問い合わせはこちらから

■お電話でのお問い合せ CREコンサルティング部 03-3501-6370(受付時間 平日9:00~17:20)

インターネットからのお問い合せ お問い合わせはこちら

CREXα(クレックスアルファ)の機能詳細

CRE情報をクラウド上で整備・一元管理

  • 所有・賃借を問わず、オフィスビルや工場、社宅などさまざまな物件をカバーできるCRE情報の一元管理にフォーカスしたデータベース構成となっています。

ユーザー独自のカテゴライズ設定

  • ユーザーが任意に設定できるマスタ項目を多数用意し、ユーザーの実状に即した多様なカテゴライズの設定、フレキシブルな検索が可能です。

使いやすい電子地図機能

copyright

  • Googleマップ(Google Maps API Premier)※を採用し、使い慣れたストリートビューなどの機能も利用可能。

※Googleマップ,Google Mapsは、米国Google Inc.の商標です。

定型の物件概要書と電子書庫機能を実装

  • 主要情報をカバーした定型の物件概要書を実装しています。
  • 写真等の画像や契約書などの各種電子ファイルを物件単位で管理できます。

情報プラットフォームを構築するITツール、それがCREXα(クレックスアルファ)

CREに関する情報を一元的に管理することからCRE戦略はスタートします。CRE情報の一元管理によって不動産ポートフォリオの全体像を把握し、例えば、支店等の重複や過不足といった課題が浮き彫りになってきます。

また、財務諸表の作成や株主等のステークホルダーへの説明、耐震補強の検討や修繕計画、各種契約の更新、日常的な報告に至るまで、CRE情報は様々な場面で必要になります。CRE情報の一元管理が出来ていれば、その都度情報を集めたり調査したりという手間が省け、業務効率の向上につながります。

しかし、CRE情報の一元管理については、その必要性を感じながらも実現できていない企業が意外にも多いのです。こうした企業に共通する課題は、CRE情報を一元管理するための仕組み=「情報プラットフォーム」が社内に存在しないということでした。

CRE情報は、面積等の物理的情報、法令等の制限、各種権利の情報、簿価や時価など価格情報と多岐に渡り、契約書や図面など関係書類も多数存在します。各部署や支店がバラバラに情報や書類を管理しているケースも散見されます。こういったCRE情報を適切に管理するには情報プラットフォームの存在が不可欠です。しかし、情報プラットフォームの構築には多大な労力とコスト、そしてノウハウが必要なことから、多くの企業がその必要性を感じながらも着手できずにいたのが実状です。

我々日本土地建物は、これまでCRE戦略支援事業を通じて情報プラットフォームの重要性を提唱してきました。そして、情報プラットフォームの構築をサポートするITツールの重要性を実感し、自らシステム開発に着手しました。それが日土地CREマネジメントシステムCREXα(クレックスアルファ)です。CREXαはCRE情報の一元管理を実現する強力なITツールです。CREXαを導入し運用することは、そのまま社内の情報プラットフォームを構築するプロセスとなります。

CRE戦略支援のフロントランナーである日本土地建物のノウハウと経験が凝縮されたCREXαを、お客様のCRE戦略に是非お役立てください。

パッケージ概要

  • 各種CRE情報管理
    • 物件基本情報
    • 土地情報
    • 建物情報
    • 法令/道路情報
    • 価格関連情報
    • 賃貸借契約情報
    • 工事履歴情報
    • 各種調査履歴情報
  • マスタ設定機能
  • 電子文書・画像管理
  • 概要書出力機能
  • 表計算ソフト等へのデータ出力機能
    (Force.com標準レポート機能)

サービスについてのお問い合わせはこちらから

■お電話でのお問い合せ CREコンサルティング部 03-3501-6370(受付時間 平日9:00~17:20)

インターネットからのお問い合せ お問い合わせはこちら

法人のお客様へ 都市開発・不動産ソリューション・資産運用 トップ

CRE戦略支援についてのお問い合わせはこちら

  • 都市開発
  • オフィスビルのご案内
  • 開発プロジェクトのご紹介
  • 企画・開発/監理
  • 施工(建設工事・ビルリニューアル工事)
  • プロパティマネジメント
  • 不動産再生
  • 不動産ソリューション
  • CRE(企業不動産)戦略支援
  • CRE戦略とは
  • CRE戦略の必要性
  • CREマネジメントサイクル
  • M&A時代におけるCRE戦略
  • サービスのご案内
  • 戦略立案コンサルティング
  • CREXα(クレックスアルファ)
  • 賃貸等不動産コンサルティング
  • プロジェクトマネジメント
  • CRE SOLUTION Report
  • CRE最前線!
  • CRE講座
  • CRE SOLUTION Report不動産情報誌発行のご案内
  • 事例のご紹介
  • 遊休地の売却依頼に、操業中の工場売却を提案
  • 不動産価値を適正に把握することで、店舗賃料を削減
  • 遊休地に取引先の拠点を建設
  • 経営資源の観点から、不動産情報を一元管理
  • 旧本社跡地を高齢者向け賃貸住宅として再生
  • 査済証のない旧耐震建物を助成金対象へ
  • 不動産鑑定
  • 不動産仲介
  • 不動産証券化
  • 資産運用
  • 資産運用
  • 安心・安全への取り組み
  • 日土地のCRE戦略支援
  • CRE SOLUTION Report